2022.5.6

「愛」とは感謝と信頼、そして敬意。

Category :

☆ 入会情報 ☆ 

テーブルコーディネート教室 次回 5月22日(日)2時半~5時

フランス刺繍教室 入会随時受付中 平日土日、複数のクラス有り

 (2022年5月5日現在。)

お問い合わせはコチラからどうぞ→お問い合わせフォーム

今日も愛するものたちと幸福な一日を過ごせたことに感謝します♡皆様も素敵な一日をお送りになったと思います。

本日は5月のエレアカガーデンの花木を紹介しながら、「愛」ついて考えたいと思います。

(↑トレリスに絡まって咲くクレマチス。大人の手のひらぐらいの大輪が年に数回咲きます。)

恋愛、親子愛、隣人愛…相手との関係によって名前が変わりますが、わたくしは「愛」とは敬意と感謝、そして信頼だと思っています。

まずその人がその人でいてくれることへの敬意万物はひとつの存在から分かれ出ながら、すべてのものには個性があり、ただのひとつも同じものはありません。私が知らないことを知り、私が出来ない体験をしてくれる…それだけで大きな尊敬に値しますし、その人がその人の体験をしてくれるからこそ、私も安心して私らしくいられるのです。

そして自分とかかわってくれることへの感謝。注文した品を持ってきてくれた配達員さん、私の食べる野菜やお米を育てた人、散歩中見かけた野の花、木々、風…つぎに出会う機会はないかもしれない。でも、今日私が幸せな一日を過ごしたのは彼らのお陰でもあるのです。

(↑こちらは五月梅。五枚の花弁の中心のクリーム色のめしべとおしべは名前の通り梅の花を思わせます。上品な良い香りがあたりを包みます。)

それから信頼すること。相手の未来をあれやこれや心配しない。選択に口出ししない。友人であっても、家族であっても、その人の人生はその人のものなのです。意見を求められた時だけ、自分の考えを話すので十分。自分と考えが違っても、遠回りしているような気がしても、それがその人にとって必要なことだし、必ず人生を切り開いていける!そう信じられるかどうか、それで愛の深さがわかるといものではないでしょうか。

敬意と感謝そして信頼こそ、「愛」だと思うのです。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。