2017.1.23

『なだ万』さんで和食マナーお食事会。 素敵なお料理の数々をご覧ください!

Category :

早起きの目標を立てた初日の今日。ちゃんと7時に起きました。(←ちっとも早くない。)

「ゔ~さむさむ…。」カーテンを開けると…





「ゆ、雪!?」( ゚Д゚)!・・・寝なおそうか、トム?(-_-)zzz

いえいえ、そういうわけにもいきません。

今日はランチに外食しますので、父のお弁当を作って、

ネットスーパーで日用品と食材の注文してからお家を出ないと…!





さて、やって参りましたのはグランドハイアット福岡5階の『なだ万』さんです。

『二人で学ぶテーブルマナー』日本料理店での実践レッスンの日なのです。

 

『なだ万』さんは『食卓の美学セミナー』の和食のマナーの時にも利用させていただいておりますが、

母ともプライベートでよくお食事に来たお店。こうして一人でいると、やはり少し切ない…。





中庭にはマンリョウ、楓、シダなどが…。

二畳ほどのお庭でも世界がある。日本の庭って素晴らしいですね。

時々小鳥が実をついばみに来ています。





さて、お料理。↑一の膳。

ブリのお刺身、水菜のお浸し、ゴマ豆腐、茶碗蒸し。

うす味なのですが、お出しがしっかり引いてあるのでとても美味しい。

 

和の器は、足付きと高台付き以外は手に受けることが出来ます。

お刺身をいただくときは、醤油皿を手に受けてください。

くれぐれも手の掌で受けないように…。貧相です。





こちらから二の膳。↑鮭燻製サラダ仕立て ポン酢ドレッシング。

シャンパンクープにサラダを。素敵ですね。

足があるので持ち上げません。近くに移動させて召し上がってください。





↑蟹のグラタン香草パン粉焼き。

食べ終わったら、カニの殻を背側を上にすると見苦しくないでしょう。





さわらの西京焼き。花豆新引き揚げ。金柑蜜煮。雪輪蓮根。



豚軟骨味噌煮。筍土佐煮。大根、人参、青味、辛子。



白身魚香煎揚げ出し。水菜、人参、柚子。

大根おろしのアンがかかった蒸し物。ゆずの風味が効いています。

 

食べおわったら器の蓋は元のように戻します。絵があるものは柄を合わせるしぐさをすると綺麗。

蓋を裏をむけて器に重ねる必要はありません。

 

この後、ジャコご飯と赤出汁のお味噌汁、香の物 。ご飯はひとテーブルごとにお釜で炊いてくださいます。

「お代わりのご飯は一口残す」…ですが、お腹いっぱいで、お代わりまで入らず…。





デザートは、マンゴーのブリュレ。

使用したスプーンは器に入れたままにせずに。受け皿の上、器の向こう側に置きましょう。

 

『なだ万』さん、お料理すべてとても美味しゅうございました。

丁寧なお給仕も有難うございました。

母もきっと私の中で一緒にお料理いただいて、喜んでいると思います。

 

生徒様、本日はお足元の悪い中、お運びいただきありがとうございました。

お料理お口に合いましたか?ご満足いただけましたら、幸いです。

来月は洋食のマナーですね。

素敵なお二人に、ふたたびお目にかかれますこと、楽しみに致しております。

寒さの厳しい時節柄、ご自愛くださいますように…。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。