2016.3.22

『エレアカ3月の花だより。』 桜に水仙、クリスマスローズ・・・

Category :

3月もお彼岸を過ぎ、いよいよ温かくなってきました。

今ごろから6、7月までエレアカは花盛り!次々に違うお花が咲いていきます。

ブログを応援くださる皆様にも、随時ご覧いただきますね。

 

今、皆様にご覧いただきたいのは、もちろん桜!





エレアカ(原田家)の前の池の縁にある桜の木。

わたくしが幼いころには、池の周りに数本あったのですが、

整備された際、すべて切り倒されました。

残念に思いましたが、事故防止のためには仕方ありません…。

ところがそれから10年以上がたったある日、

コンクリートとコンクリートの1㎝もない間から、小枝が芽吹いたのです。それがこの桜。





今では高さ3メートルはあるでしょう。

水に桜…わたくしの一番好きな桜のシチュエーションです。

葉桜になっても綺麗ですし、紅葉も楽しめます。

 

外階段を上がると、正面にはハンキングを飾っています。11月に作ったもの。





丸く作ったつもりですが、何となく♡形ですね。

南向きのバックガーデンは水仙が花盛り!





エレアカのシンボルツリー『南京ハゼ』の下には、

私の大好きな水仙、白の花びらに黄色のラッパの『マウント・フット』

その後ろにはスズラン水仙こと、『スノー・ドロップ』。

足元にはフキがびっしり。フキはちらしずしの他いろいろなお料理に利用します。





小型の水仙『テータ・テータ』もにぎやかに咲いています。

背の高い黄色のラッパ水仙は、10年以上前に生徒様に球根をいただき、植えたもの。

水仙は少しずつ増えながら、毎年必ず咲いてくれます。





東側のフロントガーデンには、日陰に比較的強いお花を植えています。



クリスマスローズの他バイモユリ、紫陽花(6月)、ユキノシタ(5月)、ブルーサルビア(8月)…。

 

もともとは母が熱心にしていた庭仕事。

わたくしが始めたきっかけは、19年前の5月に母が病に倒れたことから。

その時は幸い大事はなく、2週間で退院できたのですが、

退院したときに喜んでほしくて、お世話を始めました。

 

その後も作業は私が担い、母と相談しながら18年間少しずつお庭を育ててきました。

「来年は、ああしようね、こうしようね。』と言いながら…。

暗くなっても作業を続けていると、外の電気をつけてくれました。

植え替えの後は必ず見に来てくれました。

気候の良い時は、お庭で一緒にランチやティータイムをしました。

見てくれる人、喜んでくれる人がいるって、なんと有難いことだったのでしょう。

 

今も天国から、見てくれているはずです。生徒様も、喜んでくださいますよね。





お教室の前の花壇に植えたチューリップが、一株だけ咲いていました。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。