2021.9.18

お花いっぱい♡野原のティーマット。

今日も愛する者たちと平和な一日を送れたことに感謝します。皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

台風たいしたことなくてよかったですね。(^^)

台風や地震などの自然災害にも、集合意識が関係しますから、日々Happy指数を上げていきましょうね

Photo taken with Focos

さて、本日はフランス刺繍教室に北九州から生徒様がお越しくださいました。3月にご入会になって今月で基礎コース終了。なかなかご優秀です。

夏休み前に宿題に出していたのは、「野原と青い鳥」のティーマットでした。

この図案は、色鉛筆で子供が描いたみたいな可愛らしさに反し、実際刺すと結構大変。基礎コースの修了制作のような意味で出す課題なのですが、いかがでしょう?このアップに耐える美しさ!裏側もきれいに刺せています。

とても素敵なティーマットが出来ました。しまっておかず、ぜひ日常にご利用下さね!

さて次の課題はシロツメグサ(クローバー)。リネンポーチに刺していただきます。

平たい布だけでなく、シャツのなどの衣類、ポーチのような袋物にも刺せることが出来れば、生活の中で刺繍を楽しむ幅が広がりますね。

新しいステッチとしてはロング&ショートを学んでいただきました。

シンプルながらきれいに刺すのが難しいステッチですので、何度か練習してから刺してくださいね!

お運びいただきありがとうございました。次回も素敵な図案をご用意してお待ちいたしております。

刺繍教室詳細はコチラ→『フランス刺繡教室』

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。