2016.1.10

“これで完璧!”ヨレない ズレない『 一人でできるテーブルクロスのかけ方』

テーブルコーディネート教室で、良く聞きますのは、

「どうしたら、先生のところみたいに綺麗にテーブルクロスがかけれるのですか?」

「テーブルクロスがずれると、料理がこぼれたりするのでかけたくない。」

とのお声。もったいない・・・ですね。

もてなしの印象を大きく左右するのが、実はココなのに・・。

そこでエレアカ流『一人でできるテーブルクロスのかけ方』を大公開!





用意するもの・・・テーブル、アンダークロス、テーブルクロス、アイロン

 

①あらかじめ、アンダークロス、テーブルクロスを中表の四つ折りにしておきます。

 

②テーブルの中心に四つ折りにしたアンダークロスの山折角を合わせるように置きます。





③山折角がテーブル中心からずれないように気を付けながら、

四つ折りのアンダークロスを一回開いて、二つ折りにします。





④さらに開くと、アンダークロスをきちんとかけることができました。



⑤アンダークロスを四つ折りにした時についた十時のたたみジワの中心に、

テーブルクロスの山折角を合わせておきます。





⑥ずれないように気を付けながら、テーブルクロスを一回開いて、二つ折りにします。



⑦さらに開いて、テーブルクロスをまっすぐにかけることができました。



⑧中心がずれないように気を付けながら、たたみジワを手でのばします。

 

⑨上からアイロンをかけます。温度はテーブルクロスの素材に合わせてください。

初めに側面を一辺ずつテーブルの上に上げてアイロンをかけ、

最後にテーブルの上部分をかけます。これで出来上がり。





いかがでしたか?テーブルクロスを広げてから、こちらを引っ張り、あちらを引っ張りするより

ずっと綺麗にかけられたのではないでしょうか?

完璧で、しかもずれない!でも少し面倒ですね?時間も30分以上かかります。

けれども、食器やグラス、料理を並べてからズレに気づいても、直すのは危険ですし、

ずれ落ちて、床やテーブルクロスが汚れたり、食器が割れたりすれば、もっと面倒です。

 

アンダークロスはテーブルとテーブルクロスの間に敷くテーブルクロスの下着綿のネル素材などが良いでしょう。

テーブルクロスがずれないようにするほか、食器の音を吸収、ワインなどをこぼした時、

テーブルクロスと共に水分を吸収して、お客様のお召し物を守ります。

 

さらに、振動によって食器やグラスやお料理がテーブルから落ちることを防ぎます。

例えば地震の時、陶磁器やガラスの破片が散らばり、お料理やワインがこぼれた床では、

退避行動も取りづらいですから、重要なポイントですよね。

 

シワ、ズレのない清潔なテーブルクロスは、それだけで『御馳走の一つ』

あなたがきちんとした性格で、綺麗好きであることを知ってもらえるだけでなく、

相手に『自分は大切にされている』ということを、実感していただけます。

 

お料理を一品減らしてでも、綺麗なテーブルクロスをキレイにかけましょう。

あなたの株が絶対上がります。

 

テーブルコーディネート基礎コース『食卓の美学セミナー』では、

6月に『リネンの知識』として、テーブルリネンの素材や種類についてお話しさせていただくほか、

テーブルクロスのかけ方、ナフキンのたたみ方もお学びいただけます。

 

2月開講。只今、生徒募集中です。

 

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。