2022.12.25

望まない現実はかけがえのないプレゼント。

Category :

☆ 入会情報 ☆ 

フランス刺繍教室 入会随時受付中 平日土日、複数のクラス有り。

フラワー教室 2名より開講 ご希望の曜日と時間をお知らせください。

紅茶教室 1月or2月より開講 2名より ご希望の曜日と時間をお知らせください。

(2022年12月25日現在。)

Xmasおめでとうございます。世界中でいっせいに救い主の生誕を祝うこの日、皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

わたくしからも皆様おひとりおひとりに、胸いっぱいの光と愛、豊かさ、希望をお贈りさせていただきますね♡

善意からしたことで誤解をうんでしまったり、いわれのない中傷を受けるなど望まない現実に遭遇してしまったときは、落ち込んだり、イライラしたりしますね。しかしながらそういったネガティブな感情はさらなるイライラ、ムカムカを連れてきますので、そうならないためにも一刻も早くその状態から脱出することが大切です。

それにはまずその望まない現実を引き寄せたのは自分だということを認めてください。なぜならあなたの中にその出来事と共鳴するものが皆無であれば、同じ状況に遭遇してもネガティブな感情は起きてこないからです。

「誰かのせいで」「何かのせいで」と言っているうちは、自分は被害者で主権は外側にあることを認めていますので、力を放棄している状態です。もし自分の手に力を取り戻したいと思うのなら、無意識にしろ自分が創った現実なのだということを認めることが肝心です。そしてそれを認められたなら次にこう言ってみてください。

「良い勉強になりました。ありがとうございます!」

これを口にした途端、ネガティブな感情が軽くなっているのに気づくでしょう。

人生には意味なく起こることはひとつもありません。ハイヤーセルフが自分の分身であるあなたが傷つくとわかっていながら、それを体験させた理由…それはあなたを成長させたいという愛にほかなりません。

何を学んだのかその時すぐにわからなくても良いのです。潜在意識で起こしたことですので、心の奥底ではわかっているはずですが、表層意識ではっきりとわかるのは数か月後、もしかしたら数年後かもしれません。

それでも内なる神の自分への愛を信頼し、学びによって成長できたことに心からの感謝する…それができた時、その現実はあなたにとってかけがえのないギフトへと変わるのです。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。