2022.3.28

もてなされる側の心遣い。

Category :

☆ 入会情報 ☆ 

テーブルコーディネート教室 次回 4月16日(土)1時~3時半

フランス刺繍教室 入会随時受付中 平日土日、複数のクラス有り

 (2022年3月28日現在。)

お問い合わせはコチラからどうぞ→お問い合わせフォーム

 

今日も愛するものたちと幸福な一日を過ごせたことに感謝します♡皆様も素敵な一日をお送りになったと思います。

近くの桜並木にお花見に行きました。父母も天国で連れ立って桜を見ているだろうなと思うと胸がいっぱいになりました。

おもてなし教室の今月のテーマは「もてなされる側の心遣い」でした。

招待を受けたときの返事の仕方。着ていくもの、靴。玄関を入り方。喜ばれるお土産、差し上げるタイミング。遅れる時、早く帰るときのマナー。お礼状の書き方、リターンバンケット(おもてなし返し)についてなど。

ネットで知識だけ得ても実践しなければ身に付きがたいのでしないでしょうか。月一回のお教室を利用して実践していただくと体が自然に動くようになりますよ。

レディーが用意しておくべきステーショナリーについても学んでいただきました。

インヴィテーションカード、サンキューカード、便箋、封筒、慶弔用封筒、白封筒、万年筆、きれいな切手、…そしてそれらを収めるふみ箱など。お礼状はレディーの務めですから。

素晴らしいもてなしの時間はもてなす側ともてなされる側の両方の感謝と敬意が響きあってつくられるもの。

エレアカの生徒様にはお教室をとおして相手の思いやりや愛、センスを感じて、受け止めることのできる教養と心の深さを育てていただきたいたいと思っております。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。