2018.1.20

ゆっくりとした清々しい時間が流れる手仕事タイム。『フランス刺繍教室』

本日は昨日に引き続き、フランス刺繍教室を開催しました。

生徒様はこちらのお二方↓





刺繍教室4年目の大先輩と一年の後輩、混合クラス。

年齢もキャリアも異なりますが、手仕事を愛するもの同士、リラックスした時間。

良いものですね。





先輩はペールグリーンのオックスフォード生地に、ご自分のイニシャルを白糸で刺繍なさっています。

前回のホワイトフラワーリースと合わせてティーコーゼになさりたいそう。

とても素敵なティーコーゼが出来ると思います。





後輩は基礎コースの最後の課題、ティーマットに「青い鳥と野原」の刺繍をなさっています。

図案は可愛いのですが、実はとっても手間がかかる課題。

ゆっくりした気持ちで仕上げてくださいね。





ティータイムはこちらのテーブルで。テーブルの写真だけでごんなさい。

ティータイムポートレートをうっかり取り忘れました。残念!

 

ご実家を離れたお嬢様方が、ブログを通してお母様の元気な様子をご覧になることを

楽しみになさっているんですって!素敵なご利用法、有難うございます。





今年も皆様とご一緒に刺繍をする時間が持てますこと、光栄に存じます。

至らない講師ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。