2017.12.23

エレアカのXmasメニュー9品大公開!!

何の予定のない休日…。いつぶりでしょうか?

午前中はお洗濯やお掃除をして、午後からはお庭仕事をしました。

暖かかったし、お恵みのような一日でした。

 

さて本日は『おもてなし教室』のラストレッスンでお出しした

お料理の数々をお目にかけようと思います。




↑まずはソファのあるお部屋で召し上がっていただくアペリティフ(食前酒)とカナッペ。

アペリティフはもちろんグリューヴァイン

カナッペはフォアグラ、イクラ、キャビア、スモークサーモン

食パンとライ麦パンを使って市松模様にしています。





ダイニングテーブルに移動して、一品目はオードブル。

蟹とアボカドのムース。グリーンと赤でXmasカラーを意識しています。

セルクルで作ると、フレンチらしくなります。




二品目はマッシュルームのポタージュスープ

マッシュルームはフランス語では”シャンピニオン・ド・パリ”といいます。

ポットミルクの泡立てと黒胡椒、自家製クルトンをトッピング。





三品目は帆立貝のポシェ 雲丹ソース

ポシェは香味野菜と白ワインの入った湯で、茹でること。

雲丹ソースはウニの瓶詰めを裏ごしして作ります。

黒いのはトリュフ。金箔も散らして。





お口直しの洋梨のソルベ。洋酒を効かせ、甘さ控えめ。



牛の赤ワイン煮カブの柔煮添え。ナイフがいらないほど柔らかく煮ています。

トップにはマイタケをパリパリにあげたものとリンゴチップスを飾って。





サラダはアンディーブとリンゴとクルミのサラダ。

ドレッシングはゴルゴンゾーラを裏ごしして生クリームと混ぜています。

フランス料理のチーズを省く代わりに、ドレッシングとして。

ゴルゴンゾーラが苦手な方はヨーグルトで作ってね。





デザートはミルクゼリー・ペパーミントソース。

私が小学生の頃から、クリスマスのデザートはこちら。

懐かしくてほっ…とするお味。大きなラズベリーを飾っています。





食後の紅茶のお供のプチフールは、シュトーレン。

刺繍教室のマドンナのお手作り。ラズベリーソースをかけました。

わたくしも国内外でこれまで色々食べましたが、こちらが一番美味しいです。

生徒様も絶賛でした。習いたいコールの嵐!

 

Xmasメニューは以上の9品。皆様、お口に合いましたでしょうか?

ほとんどお料理教室でお教えするお料理です。

来年はご自分で作ってご家族にお出ししてみてはいかがでしょうか?

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。