2016.11.25

クリスマスのテーブルコーディネートは定番カラー&フィギュアでXmasらしさを大切に。

すっかり冬らしくなりました。

急な温度変化にお風邪などお召しになっていらっしゃいませんでしょうか。

父はさっそく咳・鼻水ですが、私は全く元気。

睡眠時間も少ないし、ストレスフルだし、そろそろ病気になってもよさそうなのに…。

肩こりやアレルギーなどもないですし。う~む…どこかでどっと来るかもしれない。

とりあえず今は健康に生んでくれた母に感謝♡

 

さて11月のお料理教室 Cooking & Sweets Xmasのおもてなしがテーマです。

本日はお料理教室のためのテーブルセッティングをお目にかけますね。





グリーン×レッド×ホワイトのXmasカラーでコーディネート。

ホワイトXmas、ブルーXmas、レッドXmas…過去にはいろいろしましたが、

ここ数年クリスマスはこの感じにしています。

 

テーブルクロスはダークグリーンにゴールドで星のプリント。

綿ですがフランス製で大人っぽい感じ。





ディナー皿はノリタケの正方形。

その上にさらにフィッツ&フロイドのダークグリーンの丸型皿。

金の取っ手のついた蓋物は本来シュガーポットかなと思うのですが、

スープを入れて供するつもりです。こちらもノリタケ。

その下のお星さまのお皿はイタリア製です。

ナフキンはガラス製のリングに通してゴールドの松ぼっくりとブルーアイスを添えています。





フィギュア(テーブル小物)として、クリスマスカードを置いています。

色だけでなく、このようにするとよりテーマが伝わりやすいですよね。

メニューを書いたり、お客様へのメッセージを書いてお持ち帰りいただきます。

 

赤いキャンドルフォルダーはビレロイ&ボッホ。食器としても使えます。

母と数年前パリで購入。懐かしいな。

あ…これを使うためにこのテーブルコーディネートにしたんだ、たしか!





フィギュアとしてトナカイのオブジェ4つを置いています。

このトナカイ、実は背中が開くの。練香水とか入れるのかな?

テーブルセッティングに使うならマスタードとか?私は空のまま飾りとして置いてます。





トナカイはここにも!Xmasの時だけに登場するナイフレストです。

ダックスフントや猫は時々見かけますが、トナカイは珍しいんじゃないかな?

チープな品ですが、トーキンググッズして楽しく用いています。





クリスタルのツリー。バカラ製です。

先端に向かって微妙に色が薄くなっていてキレイ♡

母の生徒様からいただきました。なんとふたつ。

『フィギュアは二つ購入すること。』という母の言葉に沿ったプレゼントです。





テーブルコーディネートが整うと、おもてなし気分がぐんと盛り上がりますね。

お客様お一人お一人のお顔を思い浮かべながら、丁寧に食器を並べていきます。

「先日のお礼言わなくっちゃ。」「あの時のお召し物素敵だったな。」「そういえばあの話どうなっているかしら?」

ホステスにとってはおもてなしって準備から始まっているんです。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。