2023.1.20

住まいと身体、シンプルライフまとめ。

☆ 入会情報 ☆ 

フランス刺繍教室 入会随時受付中 平日土日、複数のクラス有り。

フラワー教室 2名より開講 ご希望の曜日と時間をお知らせください。

紅茶教室 1月or2月より開講 2名より ご希望の曜日と時間をお知らせください。

お菓子教室 食卓の美学修了者対象。2名より開講。今期はお菓子のみ。ご希望の曜日と時間をお知らせください。

(2023年1月20日現在。)

レッスン後のティータイムにお召し上がりいただいている今月のスイーツは、チーズスフレタルト。数年前になりますが、本当に美味しいチーズケーキを求めて何回試行錯誤したことか…。おかげでお味も見た目も食感も大満足、失敗ナシのレシピが完成しました。

わたくしはシンプルにいただくのが一番好きですが、クリームやフルーツを添えても良いですね。お菓子教室でもお教えいたします。

新年ですので、本日はシンプルライフについてお話しますね。わたくしのシンプルライフとは主に洗剤を使わない暮らしのこと。お洗濯用、食器洗い用、トイレ・バス用、住宅・窓用などの洗剤ですね。

「え~、洗濯や食器洗いまで!?」

はい。住宅用洗剤は20年ほど前から、洗濯と食器も一年以上洗剤ナシで問題なし。…というか今やなぜ「使わないとキレイにならない」と思い込んでいたのかの方が不思議です(^^;)。以下に洗剤の代わりに使っているモノお教えしますね。

洗濯  → 洗たくマグちゃん+部分的に固形石鹸

食器  → 粉末セスキソーダor重曹を溶いた湯

窓・鏡 → 手作りアロマスプレー

トイレ → 手作りアロマスプレー+クエン酸スプレー

住宅  → 重曹スプレー 

   因みに身体も洗剤ナシです。

体 → 手でなでるだけ

髪 → お湯ですすぐだけ 

歯 → 重曹水と歯ブラシ

顔 → 基本ぬるま湯 メイク落としだけ石鹸素地100%石鹸

洗顔後のスキンケアは化粧水+アルガンオイル+部分的にプロペトで終わり。日焼け止めは散乱タイプのパウダーのみ。制汗剤ナシ。マニキュア、ナシ。ペディキュアはシールタイプ。

洗剤を使わなくなって変わったことは、顔を含めた全身がまるで撥水コートをかけたように水をはじく!ようになったこと(笑)。また過度に洗浄しないことで新陳代謝が正常になるので、垢がたまらない。冬場の体のかゆみがなくなり、ハンドクリームが不要になる。顔のきめが細かくなり、しわシミの減少。髪も爪も艶々…などでしょうか。女性にとって嬉しいことばかりですね♡あ、出費減もありました(笑)。

さてシンプル生活で何がしたいのかと言えば、合成界面活性剤を体に付けたくない、下水に流したくない、それだけ。お使いのクレンジングや食器洗い洗剤がどのような物質からできているかひとつひとつ調べてみてください。界面活性剤は肌のバリア機能を破壊しますので、それらの化学物質も経皮毒として毎日少しずつ人体に吸収されているのです。(美容クリームなどに入っている乳化剤も界面活性剤の別名)

日本における生活排水の約2~4割は何も処理されないまま河川に放流されていることも考えれば、その影響は人体にとどまらず地球全体に及びます。

健康にも美容に環境にも良く、さらにお財布にも優しい「洗剤を使わない生活」にチャレンジなさいませんか?いきなりすべてをやめなくても、ひとつ出来たら、次のひとつ…という風に楽しみながらチャレンジしていったらよいのです。大丈夫、ずぼらなわたくしに出来たのですから、皆様にも必ず出来ます。

自分を愛するように、自然を愛する。家族を愛するように、地球を愛する。そうすることから得られる喜びは、きっと皆様をかつてない高みにまで連れて行ってくれるでしょう。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。