2016.7.20

スズランとデイジーのコースターの出来上がり!『フランス刺繍教室』

暑くなりましたね。

 

突然ですが、このところわたくしの悩みは猫(トム)の脱走。

網戸をガラッと空けて、もしくは穴をあけて脱走してしまうのです。蚊も入り放題。

お隣の美人猫とけんかにならないか心配だし、交通事故とか、連れ去りとか、迷子とか…。

まあ、すぐに帰ってくるのですけれど…。

トムは2階で暮らさせているのですが、

どうやら脱走して1階にいる私に会いに来るらしいのです。

(私が2階でトムといるときは脱走しない。)

すぐに2階に連れ戻されるのにね。(「すぐに脱走して会いに行くけどね!」トム談)





↑ピンクの毛布はすべての猫をメロメロにさせる『猫メロ毛布』。

ダルメシアン柄のボールはトムの一番好きなおもちゃ。

 

猫の大写しから始まって、申し訳ありません。本日はフランス刺繍教室を開催しました。

まずは前回お出しした課題を拝見。





まあ、なんて可愛いの!自分で出した課題ながら、キュンキュンします♡

スズランのスプリットステッチ、綺麗に出来ています。

わたくしは苦手なステッチなので尊敬します。

デイジーのレゼーデイジーステッチ、糸の引っ張り加減を揃えないと

花びらの大きさが揃わないのですが、お見事!





では今回の課題に参りましょう。まず練習用の布に刺繍枠を付けて、

新しいステッチを学びます。リーフステッチ。葉っぱを刺繍するときに使います。

葉脈を描きながら面を埋めることが出来、刺繍の楽しさが味わえます。





今回の課題はミモザのコースター。

こちらのコースターは麻100%に4辺にレース付、糊付。

さらに下絵をピーシングペーパーで貼り付けているので、張りがあり、

刺繍枠が必要ありません。

 

こちらのミモザはリーフステッチ、フレンチナッツ、アウトライン、ストレートの

たった4つのステッチで出来ます。

ハンカチやナフキンのワンポイント刺繍にも良いですね。

 

これでコースターシリーズ終了~おめでとうございます!9月から応用クラスに移行。

今回課題は他に、野原と青い鳥のテーブルマットとクローバーのポーチ。

少し大変かもしれませんが、8月はお休みですので、頑張ってみてくださいね。

 

1時間半のレッスンの後は、ティータイム♡






『海辺の想い出』のコーディネート↑。

お花は生け替えました。

想い出と言っても、私自身は海で泳いだ記憶は一度しかなく、

それも”泳いだ”より、”おぼれた”という方が近い気がしますが…。想像する方が好きかな?

お出しものはもちろんコチラ↓。





チョコレート・バナナパイ。甘すぎない、とご好評いただきました。

お砂糖110gという微妙な量が良いようです。

ソースはキャラメールソース(市販)です。キャラメル・マキアートにも利用できます。

 

お暑い中、お遠いところからお運びくださり有難うございました。

楽しい時間を過ごすことが出来ました。

8月はお休みをいただきます。

この夏は暑いということなので、お体に気を付けてお過ごしくださいね。

 

9月にお目にかかれますこと、いまから待ち遠しいです。

 

エレアカの刺繍教室は月一回一回2時間、ティータイム付き。

基礎コースは糸の通し方から、お教えいたします。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。