2017.4.20

センターピースのお花を自分で生けましょう!『おもてなし教室』

Category :

風が強くてなんだかまた寒く…。ぶるぶるぶる~(>_<)。

一度しまったウールのカーディガン&ソックスを出してしまいました…。

そんな中ですがエレアカには素敵な生徒様がお集まりくださいました。





『おもてなし教室』の本日のテーマは「おもてなしのテーブル花」です。

ご自宅でおもてなしするとき欠かせないセンターピースの花を、

花屋さんに依頼するのではなくて、ご自分で活けるためのレッスン。

センターピースの花の条件、花材や花器選び方、インテリアとの関係などをお話ししたのち、

デモンストレーション。そして実習です。





本日はカフェなどで用いられるパフェグラスを花器として使用し、

スィートでナチュラルなセンターピースの花を生けていただきます。





花材は、ブライダルセブンスター、マーガレット、スカビオサ、コデマリ、

ラミウム、スノードロップ、スノーボール

お花は必ず二回、水切りして下さいね。

皆様、真剣な趣き。





↑生徒様作品。ふんわりと優しくとてもよく生けれています。

お花ばかりではなく、グリーン多めがエレアカ流。

グリーンがベースにあると活けやすいし、生けた後も長く楽しめます。

全体のシルエットは一筆書きのお星さまをイメージしてください。

必ずしも左右対称である必要はありません。





下記に使用したパフェグラスとそれぞれの生徒様がお活け下さったお花は

お持ち帰りいただきます。

お家に帰ったらすぐに生けてあげてくださいね。

そしてねる前と、朝起きたときには必ずお水を足してあげてください。

人間も脱水防止、血栓防止にそうするのが良いというでしょう?

お花も夜、お水を吸うのです。

 

わたくしも毎朝、まずトム、お家中にかざっているお花、そして金魚の金ちゃんに

お食事(お水)をあげ、それから自分の朝食を作ります。

動物やお花たち、物言わぬからこそ、一番にしてあげたいですよね。

(トムの催促と金ちゃんのアピールは言葉以上のものがありますが…(^^;)

 

明日はおもてなし教室のティータイムの様子をお目にかけます。お楽しみに!

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。