2016.5.5

ブルーベリーにワイルドストロベリー、ミュール…ベリー類は5月の庭の名わき役!

Category :

ゴールデンウィークも今日で終わり。明日から通常営業ですね。

ゆっくりなさって日頃のお疲れはとれましたか?

 

5月の庭は、バラが主役しと思われがちですが、いえ…確かにそれには違いないのですが、

エレアカガーデンでは他にも素敵な名わき役たちが、華を添えます。

本日はその中から、”ベリー”類をピックアップ!





↑まず、ワイルドストロベリー。ウエッジウッドのテーブルウェアで有名ですね。

白い小さな花のあと、黄緑色の実がなり、しだいに赤く色づきます。背丈5cmぐらい。

日向を好みますが、半日陰でも十分育ちます。赤く熟した実は甘くて美味しい。

真冬以外いつも花が咲いて、実がなっている気がしますが、

やはり今が一番生き生きしています。プリーツのような筋の入った葉も可愛らしい♡





ブルーベリー。花はベル型の白でこれは若い実。背丈150㎝ぐらい。

7月ごろには黒くなってブルーベリーになります。

ブルーベリーは雌雄異株なので、二株植えなくては実がなりません。

我が家は一株枯れてしまいましたが、お隣さんから蜂が飛んできて、受粉してくれます。

弓なりの枝、マットな青みかがった葉、可愛い実…

食べるよりは、実のついた枝を鑑賞する方が好きで、6~7月はお部屋に必ず飾ります。





ミュール。…というと可愛いのですが、クワです、桑。蚕のお食事の…

ベリー類を増やしたくて植えましたが、葉が大きすぎてあまり可愛くない。

切っても切っても、実を付けます。実はジャムやジュースにできるということですが、

我が家ではもっぱら他の花の背景として利用。

切らなかったら、どれだけ大きくなるのか見当がつかない…たぶん10メートルとか…。

大木ですね。

 

お部屋に飾ると、必ず母が蚕の話をするのが怖かった、です…。

木箱で育てて、桑の葉をやる。繭になったら、繭ごと熱湯で茹でて、糸をとる…ギャー( ゚Д゚)

絹糸を売るためではなく、小学生の趣味としてはやっていたそう。シュールな趣味だ…。





野イチゴ。白くて可愛いお花の後にはこんな実がなります。ラズベリーそっくり!

食感も似ていますが、より甘いのがこちら。

ベリー類に中ではお花が大きいので、飾るためにお花をとりすぎると、

実がならないので気を付けてます。お庭仕事中のおやつに食べるんだもん!

 

5月のエレアカガーデンの名わき役。ベリー類のご紹介でした。

地味ですので、見つけにくいかもしれませんが、

エレアカにお越しの際は、探してみてくださいね!

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。