2017.6.19

ラベンダーのエプロンとデイジーのポーチ出来ました。『フランス刺繍教室』

日が長くなりましたね。福岡は7時でも明るいです。

21日(水)は夏至。シェークスピアの『真夏の夜の夢』はこの宵に

人間界と妖精界でおきる出来事をファンタスティックに描いています。

 

さて本日は先週開催いたしました『フランス刺繍教室』の模様をお目にかけます。

まずは前回お出ししました課題を見せていただけますか?





ラベンダーのエプロン出来ましたね!

薄紫のリネン100%生地にイングリッシュラベンダー、フレンチラベンダー、レースラベンダー…

色々な種類のラベンダーを刺繍していただきました。素敵!

爽やかな香りが鼻を抜けるようです。





お教室中にもう一作品出来上がりました。すごい!( ゚Д゚)

…と言いましても図案と布をお送りしておりましたので、

ご自宅で刺繍は完成していらっしゃったんですよ。

3方を縫い合わせて、開口部分にリボンを通して出来上がり。





デイジーの巾着袋です。

25cm角のリネンナフキン(幅広レース付)を2枚合わせて作ってあります。

フラックスカラー(サンドベージュ)に緑の葉や白のお花が映えてとても素敵ですね!

花占い風の図案で少し乙女チックかな?と思いましたが、お喜びいただけてよろしかったです。

旅行にお出かけに是非ご利用くださいね。





1時間半の刺繍の時間のあとはお楽しみティータイム。

パイナップルサワータルトをお出ししました。





いつも素敵ですが、この日はダークブラウンのレースのワンピースで

一段とお美しい生徒様。

毎回きっちり課題を仕上げてくださる優等生。

図案と糸、布をどんどん用意しなければならないので、わたくしはけっこう大変!(>_<)

次回も頑張ってお喜びいただける作品をご用意しますね。

7月のレッスンでお目にかかれますこと楽しみに…!

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。