2017.2.18

人間関係を円滑にする食事のマナーとは?『テーブルマナー教室』

Category :

日が長くなりましたね。6時時過ぎてもまだ明るい。

寒さは続いておりますが、春は確実に近づいているようです。

 

本日はテーブルマナー教室『二人で学ぶテーブルマナー』を開催いたしました。

レッスンのためご用意したテーブルはコチラ↓。






テーブルコーディネートは教室『食卓の美学セミナー』
のためにご用意した

ティータイムのテーブルコーディネートをお食事用に変えています。




食器はエレアカではお馴染みアビラントのユージェニー

カップ&ソーサーの代わりにグラスを。ケーキ皿はパン皿として用いて、ディナー皿の上にはスープ皿を。

テーブル5(ファイブ)で揃えておりますので、ティーにもお食事も対応できます。

センターピースは水仙とムスカリの寄せ植えを。早春は球根植物を飾るのが好き。

 

レストランでのマナーとして、服装、控え室での過ごし方、椅子の座り方・立ち方、バッグの置き場所、

ナフキンの使い方、サービス(給仕)の受け方、食べ始めるタイミング、会話の内容、

中座するときのマナー、調味料のマナー、食べる速度について、料理やお酒をこぼした時の対処の仕方、

お化粧直し、退席の仕方、スマートなお会計の仕方

などをお話しいたしました。





そしてお席にお着きいただいて、食器を前にカトラリー、グラスをお手に取って頂きながら、

ワインの注文の仕方、乾杯の仕方、お代わりの断り方。

フランス料理のフルコースのご説明…アミューズ・グル、オードブル、スープ、

魚料理、肉料理、サラダ、チーズ、デザート、コーヒー・紅茶、プチフールまで、

どのようなものがどのように出て、どのようにいただけばよいのか、ご説明させていただきました。

 

私たちの生活もずいぶんと欧米化がすすみ、大抵の方が一日一食は洋食を食べるのではないでしょうか?

でもしっかりとマナーを習う機会がなく、間違っていないか不安なままお食事していることも少なくないと思います。

不安だったり、人目が気になったりするとお料理も、十分に美味しく感じられないものです。

 

レストランでの食事は栄養補給としての役目より、

親睦を深めたり、信頼関係を築くために行われることが多いもの。

ご自身が美味しくお食事し、更にご一緒する方にも美味しく召し上がっていただくためには

美しいマナーを身に着けておくことが必要となります。





エレアカのテーブルマナー教室は和食、洋食ともにまず

エレアカでレッスンを受け、後日レストランでご一緒にお食事を召し上がりながら確認ができるので

細かいところまでしっかりと学ぶことが出来ます。

ご姉妹、ご夫婦、親子、お友達同士、お二人でお申込みください。

受講生2対講師1ですので、どのような事でもご遠慮なくお尋ねいただけます。

 

テーブルマナーのレッスンはテーブルコーディネート教室『食卓の美学セミナー』のカリキュラムにも入っております。

美しい食事マナーを身に着けて、今までよりお食事を美味しく、人間関係を円滑にしていきませんか?

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。