2021.12.20

今年最後の『食卓の美学セミナー』。

今日も愛する者たちとhappyな一日を送れたことに感謝します♡皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

先週のことになりますが、2021年度『食卓の美学セミナー』が無事終了しましたのでご報告いたします。

(↑受講生の皆様からのXmasプレゼント。ジョルジュ・マルソーの焼き菓子とカレー、シチューの詰め合わせです♡。大感激!年末年始に美味しくいただきますね♡)

食卓の美学セミナーは1984年からつづくテーブルコーディネート教室、今年でなんと34回目になります。母がコンテストで大賞を受賞した翌年に乞われてホテル主催のレディースセミナーとして『食卓の美学セミナー』がスタートしました。

当時は大人の女性が学ぶ場所と言えば、新聞社などの主催のカルチャースクールしかなかったので、ホテルというラグジュアリー空間で学べるセミナーは大人気となり、翌年のウェイティングが常に入っているような状態でした。

母の病を機に自宅に場所を移してからは、アットホームな雰囲気をお楽しみいただくスタイルになりましたが、家庭でのおもてなしを提唱する立場としてはよりリアリティーをもってお伝えできるようになったのではないでしょうか。

2015年に母が他界してからはわたくし一人でのレッスンとなりましたが、なんとか途切れることなく開講し続けることが出来ました。

今年は若くて可愛らしい生徒様をお迎えし、わたくしもフレッシュな気持ちで毎回ワクワクと準備し、楽しくレッスンをすることが出来ました。振り返ってみるとしばらくの間忘れかけていたお教室を愛する気持ち、生徒様を愛する気持ち、自分と人生を愛する気持ちがだんだんと戻ってきたように思うのです。生徒様のお陰ですね。本当にありがとうございました。

来年はおもてなし教室、フラワーアレンジメント教室でお目にかかります。愛にあふれた楽しく軽やかなレッスンを心掛けますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。