2017.4.23

基礎コース、応用クラス合同レッスンで楽しく!『フランス刺繍教室』

・・・痛い、痛すぎる、昨日集計されなかった100点が・・・。(;_:)

よし!今日は日曜日だけど、更新するぞ!

 

昨日に引き続き『フランス刺繍教室』を開催しました。

作品お出来になったでしょうか?





↑基礎コースの2回目の課題、忘れな草とスイートピーのコースターです。

2月からお始めになったとは思えない出来です。

針に糸を通すところから、ご指導させていただいたんですよ、本当に!

ご性格が几帳面で丁寧なのでしょうね。ブラボー!





こちらは応用クラスの生徒様の作品、シロツメグサ

リーフステッチ、レゼーデイジーさすがにお上手です。

私が苦手なロング&ショートステッチも綺麗に出来ています。さすが!





このような可愛らしい作品もお持ちくださいました。“布絵本”というのですって!

キットだそうですが、まだ見ぬお孫さんのために制作して下さいました。

きっとお喜びになりまよ。





生徒様のピンクッションが素敵だったので、写真を撮らせていただきました。

叔母様の海外旅行のお土産だそう。ブルー&ホワイトが北欧の香り…。

そう、以前はお土産に針山ってありましたよね。最近はあまりないみたい。





↑基礎コースの3回目の課題。スズランとデイジーのコースター

新しいステッチはスプリットとレゼーデイジーの二つ。

前回までに習得したステッチを復習しつ、新しいステッチを学びます。

毎回異なる可愛いお花の刺繍作品が出来上がるのも、

嬉しいのではないかと思います。





応用コースの先輩は、ラベンダーのエプロンを制作中。

5月はラベンダーが最も美しい季節。生花を使うわけではないけれど、

季節のお花を刺繍するのはとても楽しいものですよね。





テーブルクロスにお皿、センターピースとお花いっぱいのテーブルで、ティータイム。

バターケーキをお召し上がりいただきました。

 

本日も楽しい時間を有難うございました。いろいろと勉強になりました。

良いゴールデンウィークをお過ごしください。

5月のレッスンでお目にかかれますこと、楽しみにいたしております。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。