2017.6.29

夏のおもてなしのテーブルコーディネートとメインディシュの盛り付け。

夕方、滝のような雨でびっくりしましたね。(>_<)

あ、カミナリ鳴ってる!お天道様お腹減っているのかな?

 

さて先日のお料理教室のために用意したテーブルコーディネートをあらためて目にかけようと思います。





夏のもてなしのためのテーブルコーディネートです。

ペールミントのテーブルクロスはフランス『ボービィレ社』

上質な綿にプリントでダマスク織り風に表現するのが特徴です。

 

黒のテーブルマットはガラス製で金のラインがシャープな印象。

その昔、母の生徒様よりハワイのお土産で頂戴しました。

ハワイって、こんなのあるんだ!いいな~。

プレートは『ロイヤルコペンハーゲン社』の”ホワイトファン”です。

一部分、わざと釉薬を塗らずに仕上げた 大変レアなお品。





ナフキンはライトグリーン麻100%を変形ラビットに畳んでいます。

グラスもナフキンの色に揃えて、ライトグリーンのステムのものをチョイス。

テーブル花は白のアジサイ、ライトグリーンのトルコキキョウ、アジアンタム…。

小さなブーケにしてガラス容器に入れ、四つ並べました。

テーブルコーディネート教室の時は“魅せるテーブル”

お料理教室の時は“食べるためのテーブル”を意識してコーディネートしています。





それにしても、今回のお料理は今までなかったほど、ヒットしました。

夏らしいから?彩りが美しいから?

いいえ、前日に作っておけるところが良かったようです。

おもてなし当日は色々することが多くて大変ですものね!

前日までに作っておけたら、安心ですよね。

 

アボカドドレッシングの変色を防ぐ技も、お教えしちゃいました。





メインディシュの鶏胸のベジタブルロールの盛り付けはこのように↑。

ミニトマトは『スプラッシュ』という商品名で、皮が薄く食べやすくてお気に入り。

水菜も変色しにくいので前日にカットして洗い、容器に入れておくことが出来ます。

『キューピーサラダクラブ』の和豆ミックスとシーザーズドレッシングをかけて。

 

何枚も写真を撮っている間にアスピックゼリーが溶けてきてしまいました。(>_<)

もっと固めに作っておいた方がいいかも…。お家でお作りになるときは修正よろしく!

 

6月のお料理教室のテーブルコーディネートとメインディシュの盛り付けをお目にかけました。

(お目にかけるほどでもなかったですか?ゴメンナサイ!ネタと写真がなくて!(>_<))

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。