2018.1.29

天使が集まるお教室。エレアカの『フランス刺繍教室』

私はね、人生をボイコットしたいの!いくら何でも険しすぎる。

 

「…少し、立ち直った…?」

 

全然立ち直ってないけど、天使がきたから紹介します。





エレアカのフランス刺繍教室に新しい天使が加わりました。

優しくて穏やかでとても素敵な方。

母校が一緒だったり、共通の知人がいたり、私ともお話が合います。

 

刺繍は独学でなさったことがあるそうですが、基礎からお学びになりたいそうです。謙虚!





スターターキットは、刺繍用ハサミと針セット、刺繍枠、練習用布が入っています。

3500円。お手持ちのものは、購入する必要はありません。

 

初回レジメにはお道具の説明刺しはじめと刺し終わり

アイロンの掛け方などを記してあります。





エレアカでは糸は使いやすい長さにカットして、

ゆるい三つ編みにして、一本ずつ引き出して揃えて使います。

針に糸を通すのが難題…。慣れれば、目をつむっても出来ます。(←注:ウソ)





↑叔母様の刺繍作品。(スマホの画像をデジカメで撮りました。)

箪笥の引き出しの表面に貼ってあるんだそう。なんて、可愛いの~♡♡

こちらを幼いころ見て、フランス刺繍に憧れをお持ちになったそうです。

刺繍をなさる方は、そんな原体験がお持ちの方が多いのです。





なぜでしょう?初めてお会いしたとは思えないぐらい、親しみを感じるの。

このような天使が、今日この日、私のところにいらしてくださるなんて…!

 

「先生、すっかり元通りね ♪(゚∀゚)」

 

全然だってば!

…でもお教室があるとね、少しだけ…気が晴れるの。

私の人生にも陽が射すことがあるんだってね。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。