2021.11.24

小さい一歩から始めよう!

Category :

今日も愛する者たちとhappyな一日を送れたことに感謝します♡皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

前回、理想のお家づくりは一部屋のワンコーナーから始めましょうとお話いたしましたが、これはインテリアに限ったことではなく、すべてにおいて言えることですね。

Photo taken with Focos

たとえばさっぱりした家に住んで気持ちよく暮らしたいなら、まずキッチンの引き出しひとつを整理してみる。お庭をお花いっぱいにしたいなら、まずは花苗を一つ植えてみる。ダイエットしたいなら、まずはを朝食をやめてみる。

関連書をいくらたくさん読んでも、実際行動を起こさなければ何も始まりませんし、材料や道具などをそろえることに労力をかけているうちに、めんどくさくなってしまったり、よけい不安になったりしてしまいます。

「でも、後先考えず始めていいのでしょうか…?」

いいのです!「効率の良い方法はないか?」とか「もっと自分に合った方法があるかもしれない」とか「やり遂げることが出来るだろうか?」とか考える必要はありません。ただ始める。すると自分の課題が見えてきますので、今度はそれに取り組めばよいのです。

始めてみて断捨離の障害となっているのが「捨てる罪悪感」だとわかれば、引き取り手を見つければ片付きやすくなりますし、お花を一苗植えてみればどのような陽の当たり方をするがわかり、その場所に適した植物を選べるようになります。ダイエットも、ある人にとっては朝食ナシが続けやすかったり、別の人は三食べて間食ナシの方が体に合っているということもあるのです。

ひとそれぞれ目標も違えば障害となっているものも違います。だから知識より行動が大切

小さい一歩でいいのです。まずは始めてみましょう。理想の現実化はその一歩からスタートするのです。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。