2016.4.24

心が豊かになる時間…そんなお教室を目指して。『フランス刺繍教室』

曇りのち晴れの穏やかな日曜日でした。皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

 

エレアカは本日『フランス刺繍教室』でした。

いつも日曜日午後の開催のところ、今日は午前10時~。実は…!





じゃじゃじゃ~ん♪なんと新入生がお二方!しかも可愛いお嬢様♡

同じ会社にお勤めのお二人。新入社員研修の時に出会われたそう。

その後勤務地がわかれても、月に何度が会議などで顔を合わせ、ランチなどを共になさるとか。

気持ちが通じ合う友人同士で、お稽古に通う。素敵ですね!





市内からお越しのこちらの方は、小学生の時から(!)吹奏楽をなさっているそう。

今は週一度社会人オーケストラでご活躍です。

刺繍は独学で少々とのこと。ご謙遜な!とてもお上手です。





こちらはなんと熊本市内勤務で、14日と16日の地震に直面しながら、

お教室に参加くださいました。今は鳥栖のご実家に身を寄せていらっしゃるそう…。

そのようなお大変な中お運びいただき、なんと申し上げてよろしいか…。有難く存じます。

テニスがご趣味で、刺繍は初めてだそう。大丈夫。初めはみんな”初めて”です。





お道具と図案の写し方の説明の後、糸を三つ編みにして、練習用の布で基本のステッチを練習。

そして、作品に取り掛かっていただきます。

毎回↑の写真のような、図案に色とステッチを指定した指示書をお渡ししますので、

そちらに従って、刺し進めていただきます。





基礎コースはレース付の麻のコースターに1輪のお花を刺繍。1回目は”ニオイスミレ”。

張りがあるので刺繍枠は必要ありません。

最初は細かいことは申し上げません。ただ、『丁寧に』それが重要です。





1時間半のレッスンの後は、楽しくティータイム♡

ストロベリー・シャルロット、お褒めいただきました。

お口に合いましたのでしたら、何よりです。





お二方とも、すこし緊張なさっていたご様子…。お教室から出たとたん、

『はあ~疲れた。』とため息をおつきになったのではないでしょうか?

緊張させてゴメンナサイでもとても優しく、心の綺麗な方たちで安心しました。

 

エレアカの目標は、『ためになるお教室』ではなくて、『楽しいお教室』

技術や知識が身に着くだけでなくて、心が豊かになること。

そんなお教室にするために、お掃除したり、お花を生けたり、ケーキを作ったりします。

私にとっては、生徒様の笑顔が何よりのご褒美♡なのです。

 

次回、お目にかかれますことを心待ちにいたしております。

どうぞ良い1ヶ月をお過ごしくださいね。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。