2021.8.22

捨てるべきはモノより、古い価値観。『宇宙の法則』

Category :

今日も愛するものたちと幸せな一日を送れたことに感謝します。

皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと存じます。

芝刈り機を新しく購入したので、収納スペースをつくるべく倉庫を整理しました。20年入れっぱなしの荷造り用包装紙が大きい段ボール二つ分あって、我ながらあきれてしまいました。(+_+)

母は大きな会場でテーブルセッティング付き講演をするスタイルが好きでしたので、食器を包むために必要でしたが、わたくしは自宅でのお教室&おもてなしを好みますので、もう必要ありませんね。

時とともに必要なものが変わるように、価値観も変わるのが当然です。古いものをずっと握りしめていては新しいものを手にすることは出来ません。

わたくしが手放すことにした価値観を書き出してみますね。

 

・自己犠牲を美徳とすること。

・世間の目を恐れたり、人から良い人に見られようとすること。

・物事を善か悪かで判断すること。

・人と比較し自分にダメだしすること。

・常に上を目指し、努力すること。

・嫌なことを頑張ってやること。

・判断を権威にゆだねること。

どういうことかと言いますと…

自己犠牲をしていては自分が幸せでないので、他人に対しも厳しくなってしまうのでやめました。

それから人の目をおそれて自分を偽っていては、理想の未来像もブレますので、いつまでたっても望む現実を手に入れられません。

また物事は見る方向が変われば違って見えるので、善悪は絶対的なものではないことにも気づきました。

努力すること、頑張ることは今の自分を認めていないこと。オンリーワンである自分に誇りを持ち、得意なこと好きなことを楽しんでやるだけで良い。

判断を権威者にゆだねてしまうことは、自分を明け渡すこと。誰から勧めてもうのみにしない。妄信しない。進む道は自分で決める

 

地球が5次元に移行中の今、皆様の中にも古くなった価値観はありませんか?もしそれに気づいたら、勇気をもって手放してみてはいかがでしょうか。

きっと、びっくりするほど明るい新世界が開けてきますよ。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。