2016.5.21

明日のお教室のためにインテリアとテーブルセンターのお花チェンジ!

Category :

5月らしいさわやかな天候に恵まれました。

本来なら熊本城も草千里も緑輝く頃でしょうに…。

明日何が起こるか分からない、それがこの世の法則ということでしょうか?

 

さて明日はお菓子とお料理教室Cooking & Sweets です。

アプローチのバラはなんとかギリギリ持ちこたえています。

あと雨一回で、終わりになりそうですが、明日まではご覧いただけます。





インテリアとテーブルセンターのお花を入れ替えました。

テーマカラーはやはりグリーン&ホワイト。5月ですもの!





玄関の英国アンティーク家具の上には、ブルーベリーとスノーボール。

鉄砲百合とナルコユリの葉も入れています。

ブルーベリーは実が色づく前の枝をお花屋さんで求めました。

これからの季節欠かせない、大好きな枝もの。持ちもすごく良くて、一ヶ月楽々飾れます。

鉄砲百合はまだ蕾が青い状態なので、目立たないですね。





センターピースのフラワーアレンジメントも入れ替えました。

今回スズランが2本しか手に入らなかったので、代わりにホワイトスターを入れています。





いかがでしょう?なかなか可愛らしく出来ました。

ホワイトスターはあのブルースターの色変わり種。とてもキレイな白です。

忘れな草の大きいものみたいな感じ。

小さなカラー、クリスタルブランシュも短く切っていれています。透明感が出ますね。

 

バラ、ランテルディの代わりに今回はセブンスターローズ。

ランテルディはアイボリー系ですが、セブンスターローズは真っ白。

両方ともスプレー咲で、カップ咲き。

 

アルケミラモリスの代わりにはフェンネルの花を。

フェンネルは葉をハーブとしてマリネなどに使いますね。お花は甘い良い香りがします。





テーブルセッティングの背景にも、

ブルーベリー、スノーボール、鉄砲百合を。

こちらはナルコ百合の代わりにアスパラガスの葉を入れています。

 

お花器は『おもてなしのインテリア花』で使用する細口のガラス花器。

この花器とてもいいですね。大きくも小さくも生けれて、止まりやすい。

お勧めです。

 

お料理教室なのになぜお花を入れ替えたりするの?とお思いでしょうか?

これが私どものおもてなしだから。

エレアカのコンセプトは『もてなしを受けながら、学ぶ』というところ。

『学ぶ』と『もてなされる』がセットになっているのがエレアカなのです。





庭にはかしわ葉紫陽花が満開になっていました。

そう、数年前の母の日に購入して、花後庭に植えたのでした。

 

人生はある日途絶えても、季節は同じようにめぐり、

そして昨年と同じ草花に巡り合える。

“変わらない”ということは、人間の心を穏やかで平和にするものですね

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。