2022.8.7

明るい未来に続く道。

Category :

☆ 入会情報 ☆ 

テーブルコーディネート教室 次回9月24日(土)1時~3時半 テーマ「カトラリーとシルバーの知識」

フランス刺繍教室 入会随時受付中 平日土日、複数のクラス有り

 (2022年8月7日現在。)

今日も楽しい一日を送れたことに感謝します。皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

日々いろいろなことが展開しますが、目の前に起こるものごと、それ自体に意味はありません。意味を与えるのはそれを見た人です。

「失業」という事象があったとき、ある人は「このまま再就職できなくて飢え死にしたらどうしよう…?」と怯え、ある人は「出来た時間でスキルを磨けるし、もっと自分にあった職に就けるかも?」と前向きに考えます。

また欲しかったものが手に入らなかったとき、ある人は「あれがなければ理想は叶わない。夢はついえた…」と思い、ある人は「思いもしなかった素敵な調和がきっとあるはず。新しいものを生み出すチャンス」と受け止めます。

つまりどのようなこともその人の受け止め方次第であり、人生に「悪いこと」はひとつもないのです。

一般的に最悪な事象である「死」すら、「最高のフィナーレ」「新しい生の始まり」「人生の素晴らしい見本」などポジティブに受け止めることが出来るのです。

一瞬ネガティブに思えることも、見方を変えれば必ずポジティブな側面がある。どのようにポジティブに受け止めれば良いかすぐにはわからなくても、明るい気持ちで進めば「喜ばしいこと」に必ずつながるのです。

どんな時も「自分は素晴らしい未来に続く道をいつも歩んでいるんだ」と信じて進んでくださいね。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。