2016.6.15

梅雨の晴れ間のフランス刺繍教室。”忘れな草”と”スイートピー”のコースター出来ました。

暑くなりました。30度超えたようです。梅雨なのに晴れが続いて、アジサイもぐったり…。

明日から雨の予報。もう少しよ、頑張って!

 

さて本日はフランス刺繍教室でした。

レッスン後のティータイムのテーブルコーディネートを、マイナーチェンジ。





プレートは変わらずロイヤルコペンハーゲン・ブルーフルーテッド

でも暑くなったので、アイスティーをお出ししたくなり、

ティーカップ&ソーサーはオン・ザ・ロックグラスに変えました。

より涼しそうで、良くなりましたね。キャンドルスタンドにも合っています。

ナフキンも『コックスコーム』から『つばさ』にチェンジ。

 

まず課題を拝見します。忘れな草とスイートピーのコースター





まあ、素晴らしい!

フレンチナッツ、コロンと良く出来ています。バックステッチ、細かく綺麗に刺せています。

4月から始めた方の作品とは、信じがたいですね。





では本日の課題に取り掛かっていただきます。スズランと、デイジーのコースター

優秀なので、今回も二つの課題に挑んでいただきます。

図案をボールペンでピーシングペーパーに写したら、

リネンのコースターにアイロンで接着。ボールペンの線通りに刺していきます。

ポイントは布と針がいつも垂直になるように。





新しいステッチはスプリットと、レゼーデイジー

スプリットは面を埋めるのに便利、レゼーデイジーは花びらなどによく用います。

出来るステッチが増えていくことが、楽しいとおっしゃてくださいました。

良かった♡

 

1時間半のレッスンの後はティータイムです。





まあ、お召し物がテーブルコーディネートとぴったり!お美しいです。

6月って着るものに困るのです。

夏ならビビットカラーが映えますが、雨の日や曇り空だとくすんで見えます。

なるほど、アジサイ色なら綺麗に見えるんだわ。勉強になりました。





実はこちらの生徒様、パン教室の先生。美味しそうなパンを頂戴しました。

チーズとキヌア入り。キヌア…スーパーフードとして注目の食材ですね。

さっそく、ひとつ試食…。まあ、美味しい♡まず生地の食感とお味が素晴らしい!

チーズの風味、キヌアのつぶつぶ感も良いですね。

 

私が習いに行きたいぐらいです!

でもパン作り…難しいんですよね。長年の勘とコツが必要なんだわ、きっと。





アイスティーサクランボのクラフティーお出ししました。

私のお菓子なんて、シンプルなものばかりでお恥ずかしいです。

でも、美味しいとおっしゃってくださってうれしい…。

皆様の『美味しい』顔を見ること、それが私の一番の喜びです。

 

フランス刺繍教室は月一回一回2時間、ティータイム付き。

基礎コースはステッチを覚えながら、可愛らしい小花のコースターを作っていただきます。

針に糸を通すところからお教えしますので、初心者でも大丈夫!

 

応用コースは基礎コースで学んだステッチを使い、エプロン、ポーチ、バッグ、ショール、

ランジェリーケースなど日常が楽しくなるようなアイテムをお作りいただきます。

縫製は工場に出しますので、ミシンがけが苦手でもご心配なく。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。