2018.8.3

焼き菓子づくりに夢中の夏!『Cooking & Sweets』

今年は外出中も冷房を極弱で入れっぱなしています。

だってお留守番のトムが死んじゃうもん!(>_<)

ところが帰るといつも暑いところを選んで寝ている?…なぜ?

さらに今日はクシャミを!( ゚Д゚) 冷えすぎたか!!が~ん…。

 

 

「猫に冷房は必要ない!」を学んだ夏です。

 

さて夏休み!わたくしが何をしているかと言いますと…

 

 

お菓子作り!

野見山美奈子先生のところで洋菓子をお習いしているので、

時間のある今自分のものにしておこうと思って…。

 

こちらはダックワーズ。買えば高価なお菓子ですが作れるんだ~♪(゚∀゚)

生地とクリームで合計4個分の卵白を使います。

卵白はカスタードクリームやタルト生地を作るとき必ず余るので、

冷凍保存しておき、解凍して用います。

 

 

こちらはマカロン。生地だけなら卵白と粉糖、

それとアーモンドパウダーだけで出来ちゃいます♪

中のクリームはホワイトチョコのガナッシュとフルーツのピュレ

そのフルーツを連想させる色を生地にはつけると良いですね!

 

 

「なんでも3回は作りなさい。」と母は言ったものですが、

今回、何回作ったことやら…冷凍の卵白を使いつくし、

更に12個入りのケース使いつくし、

ようやく皆様にお見せできるようなものが出来ました。(^^;

 

焼き菓子の奥深さに目が覚めた夏でした。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。