2021.6.12

父母からの最大の贈り物。

Category :

今日も愛するものたちと幸せな一日を送れたことに感謝します。
皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

さて6月は母の命日の月なので、
わたくしの人生観をお話ししたいと思います。

6年前に母を、一年半前に父を見送り、
皆様「お寂しいでしょう?」とよく心配してくださいます。
わたくし自身「ひとりになったら、きっと寂しいだろうな…」
と思っておりましたが、
これが自分でも驚くほど寂しくないのです。(笑)

父も母も変わらず愛してくれていると思いますし、ふたりとも
自分の人生に満足して旅立ったと確信があるのです。

両親の晩年の世話とその後のこと(葬儀・相続その他)を
自分が納得いくまですること、たぶんこれはわたくしが
生まれる前に人生の課題として決めてきたこと
もしかしたら前世は事情があって思うように出来なくて、
悔いが残っていたのかもしれません。
だから今、前世の分まで達成感があるのです。

 

さて、早々に課題(カルマ)を達成したわたくしは
今、軽やかさに満ちています♪
これからは愛も時間もすべて自分に注げますし、
老いも死も怖くない。
だって、両親の様子をずっと見てきたのでわかるのです。

70、80になっても、活力が衰えるなんてことはなく、
若い時より精神性はより深く、豊かになるし、
死ぬまで学び、成長をつづけ、楽しむことができる。
人生に満足したら、「あー、良く生きた!」と
にっこり笑って体を脱ぐ

今、こんな風に思うことができること、
これが父母からの最大の贈り物だと思うのです。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。