2016.10.23

爽やか!秋のモンブランタルトの作り方 お菓子教室『Cooking & Sweets』

 小雨のぱらつく日曜日…。思いがけなく寒くなりましたね。ブルブル…(>_<)

でも大雨にならなくて良かった。

だって今日はお菓子教室Cooking & Sweets なんですもの。

試作を重ね、ギリギリレシピが完成。

パーフェクトに美味しいタルトをお教えします。(←いつになく自信。)





あ、昨日はブログお休みしてゴメンナサイ(>_<)。お教室の準備で更新する時間がなくなってしまいました。

出来るだけ更新したいと思うのですが、お教室orブログと問われれば、やはりお教室を。

ところで『更新のない時のBLOGクリックどうしたらいいの?』とお尋ねがあるのですが、

もしよろしければ、どのページからでもいいので、クリックしていただけましたら助かります。

ブログ村は一週間のトータルで順位が決まりますので、

一日どなたからもクリックいただけなければ、数百ポイント失うことになるのです。

どの記事を読むか迷ったら『原田治子Story』をどうぞ。

母の人生はいつでもどなたをも元気にしますから!(←この点はいつも自信!)





さて、本日のお菓子教室のテーマは『モンブランタルト』。材料はこちら↑。

薄力粉、砂糖、卵、バター、オレンジジュース、カステラ、マロンペースト、

生クリーム、オレンジ、レモン、リキュール類…

 

ではざっくりと作り方をご紹介。





まず、薄力粉、バター、卵、砂糖でタルト生地を作って、オーブンで2度焼きます。



焼いている間に、オレンジ生地を作ります。



焼きあがりました。網にのせて冷ましている間に、



マロンクリームを作ります。マロンペースト、バター、砂糖をフードプロセッサーで混ぜれば楽々♡



タルトが冷めたら、オレンジ生地を流し入れ、オレンジの実をのせます。

…すでに美味しそう!マロンいらない?いえいえ、マロン来たらもっと美味しいから!





固く泡立てた生クリームを、オレンジ生地が見えなくなるまで塗って、



マロンクリームを絞り出します。…絞り出し、やっぱり難しいよね~(>_<)。



粉砂糖を振って、栗とセルフィーユを飾れば出来上がり!

今回もほとんど生徒様方にお作りいただきました。お疲れ様でした。

写真も撮って頂いてしまった。はっ…私何にもしてないじゃない( ゚Д゚)!





さて、ティータイムでご試食を。




まだ手がいたいので、ホステス役は生徒様に代わっていただきました。

紅茶が数百㏄入ったティーポットって、かなりの重さなのですが、

片手でティーカップを持って、片手でポットから紅茶を注ぎます。

紅茶を注ぐ姿って、本当に優雅で素敵♡ティータイムは女性を輝かせる舞台ですね。





ご参加有難うございました。

月に一度、綺麗で楽しい皆様と楽しくお稽古できますこと、何よりもの喜びです。

来月はクリスマスメニューの予定。お目にかかれますこと、今から心待ちに致しております。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。