2020.12.17

生木をふんだんに使って、英国風クリスマスデコレーション

Category :

今日も愛するものたちと平和な一日を送れたことに感謝します。

皆様も素晴らしい一日をお過ごしになったことと思います。

 

2020年冬至を前にモノリスが世界各地に出現。

人々の意識のアセンションも順調に進んでいるようです。

来年もわくわくですね~♡♡♡

 

さて本日もエレアカのクリスマスデコレーション

ご覧いただきます。

 

 

こちらは玄関正面の英国アンティーク家具の上のデコレーション。

針葉樹の枝をふんだんに使い、

楕円のミラーを縁取るようにニオイヒバをアーチ状にし、

中央から左右にゴールドリボンを流しています。

 

 

真鍮の鹿のオブジェの周りには松ぼっくりとキャンドル

足元のミラーのまわりにもヒバをにあしらっています。

生木をふんだんに用いるのは英国風デコレーションの特徴。

 

 

両サイドには庭に咲いた純白の水仙を飾って、

救い主、イエス・キリストを迎える準備をいたします。

 

 

エレアカ@ライン会員募集中

友だち追加

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。