2022.10.18

自分らしく生き始めるとき。

Category :

☆ 入会情報 ☆ 

フランス刺繍教室 入会随時受付中 平日土日、複数のクラス有り。

フラワー教室 2名より開講 ご希望の曜日と時間をお知らせください。

紅茶教室 1月or2月より開講 2名より ご希望の曜日と時間をお知らせください。

 (2022年10月18日現在。)

今日もhappyな一日を送れたことに感謝します♡皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

ジュラストーンのテラスでの瞑想タイムの後はコーヒー&おさ湯で朝食。金木製の香りに包まれながら、小鳥のさえずりを楽しむ至福の時間です。

「自分らしくいてね!」と言いますと、しばしば帰ってくるのが「何が自分らしいのかわかりません…」というお言葉。

そうですね、私たち日本人は幼い時から「良い子でいる」こと「みんなと同じことが出来る」こと「期待に応える」こと「親に恥をかかさない」ことを求められてきましたので、自分らしさ追求する機会がほとんどなかったのです。

「自分らしい」とは特別なことではなく、ただひたすらに自分の「好き」「心地よい」を選択し続けることです。着るもの、食べるもの、使うもの、話し方、歩き方、座り方。流行がどうの、立場がどうの、ダイエットがどうの…いっさい気にしません。(笑)変な人と思われたっていいのです。そもそも同じ個性をもった人間はふたりといないのですから、本来はみんな変人なのです。

好みや考え方をふくめて、お互いの違いを認めて尊重できることこそ、愛ですね!

自分の「好き」すらわからないというときは、まずは自分を愛することから始めましょう。例えば

  • 自分のために手の込んだ料理やお菓子をつくる
  • 時間帯や入浴剤、タオルなど、入浴に徹底的にこだわる
  • 貴婦人のような寝巻で寝る
  • ベッドルームやキッチンにお花を飾る

このような自分を愛おしむことを続けていると、自分の中に「好きという気持ち」がよみがえってきます。「ああ私、小さいころ○○するのがが好きだったよね」「今、むしょうに○○したい!」

自分らしく生き始めるとき、あなたの世界は輝きだすのです。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。