2016.12.10

花材道具なら、 博多駅都ホテルちかく 『丸幸』さん。

インターネット、相変わらずつながりが良くない…大ストレスです。

でも、一時間ほどするとつながるので、逆算して接続しとくといいみたい。わからないけれど…。

 

さて本日のネタはエレアカブレーンで参ります。

博多区の『丸幸』さん。花材道具屋さんです。





博多駅筑紫口側、都ホテルから徒歩5分。

外には段ボールがたくさん置いてあり、一見すると倉庫…いや、二見三見しても倉庫ですが、

アートフラワー(造花)のほか、花器やフローラルフォーム、ワイヤー、フラワーテープなどを卸価格で購入できます。

他にフラワーアレンジメント持ち帰り袋、領収書、お花用の包装紙などもあり、

ここに行けばすぐさまお教室が開ける、というほどの充実ぶり。





フラワーアレンジメントのお教室『おもてなしのテーブル花』では、毎回花器も差し上げるので、

こちらで購入するか、花匠さんでお分けいただきます。

最近プリザーブドフラワー用の花器が多くなって、生のお花によい花器があまりないのが残念。(>_<)

 

でもクリスマスリースに使う、松ぼっくりやデコレーション用のシナモン、ドライフルーツ、モスなどは

こちらで購入させていただいています。





好きなのはリボンのコーナー。

サイズ、素材、色、柄の違うリボンが何十本、いや何百本かもしれません。

楽しくなりますね。

Xmasリースに使ったリボンはもちろんこちらで購入しました。

 

会員制ですが、年会費を払うと会員証を仮発行していただけるので、

はじめての方でもお買い物していただけます。





わたくしは参加したことないのですが、年数回イベントや講習会も行われています。

テーマはXmas、お正月、バレンタインなど…。フラワー界の最新モードを教えていただけるそうです。

 

花材道具屋の『丸幸』さん。

フラワーアレンジメントのお道具をお探しの際はどうぞお出かけください。

(汚れていい服で行ってね!(>_<))
いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!皆様のおかげで3位キープ!頑張ろうね♡

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。