2017.4.13

賢い洋食器の揃え方 『テーブルコーディネート教室』

ブログ村、テーブルコーディネート部門第2位にランクイン。

皆様が絶えまなく応援してくださるおかげ、毎日のクリックのたまものです。

私自身は2位ということ自体も嬉しいですが、

もっと嬉しいのは、皆様がまるでご自分のことのように喜んでくださること

良かった…お喜びいただけて。

母の死後…いいえ、それ以前よりずっと皆様のご厚情に支えられ、

いつかご恩返しをと言いつつ、まったく出来ていない私ですが、

小さくても、一瞬でも、

皆様の心に喜びの花を咲かせることが出来たのだとしたら、

それは何より私の誇りです。





さて、ここ数日テーブルコーディネート教室『食卓の美学セミナー』のリポートをいたしております。

本日はテーブル5(ファイブ)についてお話ししたいと思います。

テーブル5とは、洋食器の揃え方の一つ。

洋食器をお店の方が勧めるまま、フルピースで揃えると48ピースなどということになります。

費用もかかることながら、収納も場所をとって大変そうですね。

そこで洋食器を活用度大の5つのアイテムに絞り、×家族の人数分 から揃えていく

というのがテーブル5の考え方。メーカーによって5ピースユニットともいいます。





こちらがテーブル5。ディナー皿、スープ皿、オードブル皿、パン皿、カップ&ソーサー。

でも本当にたった5アイテムだけで足りるのでしょうか?

やってみましょう!





↑まずは朝食。ベーコンエッグとパン、紅茶。

ディナー皿、パン皿、カップ&ソーサー





↑ランチはカレーライスとサラダとお水。

スープ皿、パン皿 + タンブラー





↑チーズケーキと紅茶でティータイム。

オードブル皿とカップ&ソーサー。





そしてディナーでは、ディナー皿オードブル皿を重ねて豪華に。

パン皿も左にセット。グラスはワインとお水用の2個置き。

 

飲み物のグラスなどを加えることで、

めでたく十分に、朝食、昼食、ティータイム、ディナーが賄えました。

ディナーでは品数が多いため、一度使ったお皿を洗って、また使用する必要がありますが、

他のガラス器や和食器など、他のお手持ちの食器を組み合わせても良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

何からどのように揃えたらよいのか迷う洋食器ですが、テーブル5で考えるととてもシンプルですね。

皆様もテーブル5で賢く洋食器を揃え、

シンプルで充実した食生活をなさってくださいね。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。