2017.3.18

進行状況の違う生徒も同時に楽しく学べます。『フランス刺繍教室』

清々しい空気が気持ちの良い一日でした。

皆様、楽しくお過ごしでしたでしょうか?

 

エレアカは『フランス刺繍教室』を開催いたしました。

まずはお宿題を拝見いたしましょうか?





2月からお始めになったこちらの方は、スミレのコースターを仕上げてくださいました。

お花もつぼみもふっくらと良く出来ていますね。茎のアウトラインステッチもとても綺麗。

ピーシングペーパーもよく取れています。上出来!





応用コースのこちらの方は、デイジーのポーチを作ってくださいました。

フラックス地に白のデイジー、可愛いですね!

横向きや裏向きがあるのがチャーミング。ポーチ是非日常にご使用くださいね。





今回応用コースのお二人と、基礎コースのお一人が同時にご受講。

皆様、もくもくと作業中でいらっしゃいます。

ご自宅だといろいろとやるべきことがあって、なかなか手につきませんが、

こちらにいらっしゃると、やはり進むでしょう?

進行具合の異なる生徒が、同じ時間に学べるのが刺繍教室の良いところ。

先輩はわからないところや作業のコツなど、どうぞ教えてあげてくださいませね。





ティータイムも本日は4人で。(講師をいれて)嬉しい♡

おお、まるでバースデーパーティーのようなお写真が撮れました。後光さしてます。

カーディガンの首もとに注目!ご自分でレースをお付けになったんですって!

せっかくなので、ぜひ刺繍も加えてください。





年度末のご多忙なところ、お運びいただきまして、有難うございました。

課題がたくさんになってしまいましたが、出来たところまでで良いですので、

ご無理なさらないでね。

なにかご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお電話ください。

来月もお目にかかれますこと、楽しみに致しております。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。