2016.4.29

雨上がりのエレアカガーデン。ウツキ、ワイルドストロベリー、アイスバーグ…

Category :

二日続いた荒れ模様の天候も、今日はすっきり晴れました。

 

連休の初日、いかがお過ごしでしたでしょうか?

 

昨日の刺繍の続きをする予定でしたが、もったいないお天気でしたので、

再びお庭の写真を撮ってみました。(一昨日と似たような写真になりますが、お許しを…。)





↑玄関までのアプローチの階段から、フロントガーデンを見たところ。

ジャーマンマンアイリスが堂々と咲いています。

 

ジャーマンアイリスは太陽と乾燥が好き。

背が割合高いですが、深く植え付ける必要もなく、大変丈夫なので初心者にもおススメ。

また意外にも芳香が強く、お部屋に飾ると甘い香りにむせかえるほど…。

紫の他にも白、黄色、ピンク、青など、花色が無数にあるのでお好きな色を選んでくださいね。

 

ガーデンファニチャーの足元はクローバー畑でしたが、あまりに茂ったので刈りました。

後はかしわ葉紫陽花。普通の紫陽花よりも日陰に強く、

黄緑色の円錐型花を5月中旬に咲かせます。





アプローチの階段の真横の花壇は、目の高さで花を見ることができます。

今年はビオラ、スイート・アリッサム、ワイルドストロベリーなど、白花ばかり集めました。

黄緑色の丸い葉が連なっているのはリキシマ。

ワイルドストロベリーのお花、可愛らしいでしょう?葉も綺麗ですね。

花の後には赤い小さなベリーが実ります。わたくしの庭仕事中のおやつ♡





裏に回って、金ちゃんの住むライオン池。

池の周りには、クリスマスローズやユキノシタ、ラミウムなどが茂っています。

ここにはライラック、五月梅の他に、ウツキあります。





↑ウツキ。蕾は白く、咲きはじめも白ですが、

しだいに薄いピンクから、濃いピンクに変化しながら咲き進みます。

花色が変化することからウツキ(移気)、幹が空洞のことからウツキ(空木)など、

名前の由来は諸説あるよう。育てやすい、丈夫な木ですが、毛虫が付きやすいので要注意!





窓辺の下にはアイスバーグ。花に香りはなく一季咲(年一度だけ咲くこと)ですが、

イングリッシュローズ系なので、花のない時も楚々とした枝ぶりが感じが良くて好き。

我が家では午前中の光が2~3時間当たるだけですが、何とか咲いてくれます。





一番花。雨風に耐えてひらきました。クリームかがった白が美しい。

株によってはつぼみがピンクがかることがあります。

 

あと数輪咲いたら、バターケーキとお紅茶でティータイムをしましょうか?

一人ではかえって淋しくなるかな?

どなたかお客様、いらしてくださるかしら?

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。