2016.11.28

雪のように真っ白なアツアツのスープ!マッシュルームのポタージュ。

『ブログを見てるので、毎日先生に会ってるみたい。』

最近生徒様にお目にかかるとよく言われます。

生徒様はそうでも、私にとっては一ヶ月ぶり。

お礼とか、お詫びとか、お尋ねとかお話ししたいことがたくさん。

でもいざ生徒様のお顔を見ると何か胸がいっぱいにって、言いたいこと忘れてしまうの。

 

さて本日はお料理教室Cooking & Sweets でお教えしたマッシュルームポタージュの調理行程をご覧いただきます。

材料はコチラ↓。





マッシュルーム、玉ねぎ、パセリ、クルトン、セルフィーユ。

写真にはないですが牛乳、レモン汁、白ワイン、マギーブイヨン、塩。(↑アボカドは他のお料理の材料です。)





マッシュルームと玉ねぎをスライスして、少しのオリーブオイルとレモン汁をかけてレンジにかけます。



柔らかくなったら、牛乳、白ワインを入れてミキサーにかけます。



裏ごしします。

家族でいただくときは裏ごししなくても大丈夫。でもおもてなしの時はひと手間かけると違います。





牛乳を加え、火にかけて味を調えます。

噴きこぼれやすいので、沸騰させないように注意。





器に入れて泡立てミルクをのせて、粗びきコショウを振りかけます。

クルトンとパセリのみじん切りを添えて出来上がり。





供する時は蓋をして。温かさを保つとともに、蓋をとるドキドキ感をプレゼント!

カトラリーはブイヨンスプーンを。

 

雪のように真っ白な、アツアツのスープ。

マッシュルームの香りと滑らかな食感をお楽しみください。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。