2021.5.23

食卓のカラーコーディネート『テーブルコーディネート教室』

今日も愛するものたちと幸せな一日を送れたことに感謝します。
皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

5月の食卓の美学セミナーのテーマは「色彩学」
配色の調和のとりかたについて学んでいただきました。


テーブルコーディネートに使う色は3色以下
がお勧め。
一番面積が多い色はファーストカラーといい、70%以上。
次に面積が多い色はセカンドは25%ぐらい。
一番少ない色はサードカラーは5%ぐらいで構成すると良いでしょう。


レッスンではファーストカラーはそのまま、
セカンドとサードを変えて雰囲気を変化させる例をお目にかけました。
黒い折敷をゴールドの楕円マットに、ナフキンをマゼンダに変えて
華やかで女性らしいイメージに。


テーブルマットを白のシェルにナフキンをブルー
に変えて
すっきりと落ち着いた雰囲気に。


ブラックのガラスのテーブルマットとグレーのナフキン

モダンでクール、男性的なイメージに。
同じ食器、同じテーブルクロスでも、マットとナフキンを変えるだけで
いろいろなイメージになりますね。
ゲストの性別や年齢、お好みに合わせて変えても楽しいですね。
皆様も色彩学を学んで
食卓のカラーコーディネートを楽しんでくださいね。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。