2017.6.22

鶏むね肉の野菜ロール アスピックゼリー添え『Cooking & Sweets』

今日は朝からお懐かしいお声を聴くことが出来て、一日HAPPY!

明日こそは電話しよう、しようと思いつつ、気が付けば何か月もたってしまうのですが、

変わらぬ温かいお声を聴くと、ホッ…としますね。

 

皆様も、もしかけそびれた電話があったらかけてみて!

きっと自分の隣に素晴らしい宝物があることに気づくはず。

 

さて今日は来週開催予定のお料理教室 Cooking & Sweets の試作をしました。





鶏胸肉の野菜ロールです。

“ビーガン”など、菜食主義が健康に良いと思われて久しいですが、

やはりお肉はエネルギー源として大変優秀。

とくに鶏胸肉は安価な割に素晴らしい栄養素を誇っています。

良質なたんぱく質やコラーゲンの宝庫というだけでなく、

注目すべきはビタミン類。ビタミンKは骨粗鬆症を防ぎ

ビタミンB6はお肌や髪を健康な状態にしてくれます。

 

ナイアシンは脂質や糖質をエネルギーに変え、代謝を高め

パテント酸は善玉コレステロールを増やし、血液の質を上げます

 

すべて女性には嬉しい効果ではないでしょうか?

しかも今回は皮無しの蒸し調理なので、

脂質の過剰摂取を気にせずお召し上がりいただけます。





付け合わせは夏らしくアスピックゼリーと野菜のマセドワーヌ(さいの目切り)。

フレッシュクレソンを飾ってさっぱりとお召し上がりいただきたいと思います。

 

オードブル、スープ、デザートも日々試作中。

時々試作のし過ぎで味がわからなくなったりしつつ、楽しく準備しています。

では当日をお楽しみに!

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。