2016.4.12

4月のティータイムはライラックでスイートに!『フラワーアレンジメント教室』

Category :

ブログ村からのお越しの皆様、エレアカBLOGにようこそお越しくださいました。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいね。

 

気持ちのいいお天気…でもなぜか目が痛い。コンタクトのせいかと思って外してもなお痛い…。

これはもしやPM2.5…?『春がすみ』『おぼろ月夜』といいますから、

昔から今時分は黄砂の影響は少なくなかったのでしょうけれど…。

皆様お加減いかがですか?

 

さて、明日はフラワーアレンジメント教室『おもてなしのテーブル花』です。

レッスン後のティータイムのために、テーブルコーディネートをいたしました。





4月のティーテーブルはスイートに!

テーブルクロスは麻のブライトピンク。すこし色がきついので、それにレースを重ね、

更にフランス刺繍のテーブルクロスを重ねています。ナフキンもおそろいの刺繍。





ティーカップ&ソーサーとケーキ皿はドイツの『ルドウィズブルグ』のフラワーブーケ

すべて手描き。マイセンより繊細な絵付けですね。

シュガーポットとティポットの蓋のつまみが、立体フルーツなのが乙女ゴコロをくすぐります。





ケーキ皿の下には大倉陶園の『メイグリーン』のディナー皿を。

お皿を重ねると豪華に見えますね。テーブルコーディネートの初歩テクニックの一つ。

そしてセンターピースはライラック!

(今回、教室のお題とは異なります。お題は明日のお楽しみに!)





…一番好きな花。たいてい白い花が好きなのですが、ライラックだけは例外です。

ライラックはわたくしが生まれた年に母が植えた木。

それから20数年後、パリに引っ越し初日に路上でライラック売りに遭遇。

一抱え買って、たった一人のな~んにもない部屋に豪華に飾りました。

いつも側にいてほしい…わたくしにとって恋人のような花です。

 

ことしはあまり花つきが良くない気がします。昨年花後の肥料が足りなかったかな?

今年はしっかりお世話して、来年はたくさん咲かせるぞ!。





お出しものは苺のシャルロットとお紅茶の予定。

明日のブログでご披露しますね。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。