2016.4.27

4月の終わりの”エレアカガーデン”。五月梅、ジャーマンアイリス、ジギタリス…

Category :

雨模様の一日…、いかがお過ごしでしたでしょうか?

 

エレアカガーデンはライラックにリンゴ、チューリップなど4月の花が終わり、

そろそろ5月の花たちの目覚めの時です。

雨上がりの一瞬に、写真にとってみました。

 

今、満開を迎えていますのはこちら↓、五月梅





四枚の花弁に黄色の花芯が清楚。3~5輪集まって咲くのが愛らしい!

大変香りが良く撮影しながら、しばしうっとり…。

お教室がしばらくお休みで、生徒様にご覧いただけないのが残念です。





前年に伸びた枝から新しい枝が伸びて、花が咲くので、

秋に切りすぎると花つきが悪くなります。剪定は夏前が理想。

 

フロントガーデンの方に行きますと、5月のお花がすでにちらほら…。





ジャーマン・アイリス。蕾はブラック。花は濃い紫。大人っぽい色ですね。

マダム・ルチエのお庭にあったので、憧れて植えました。

一昨年秋に株分けを兼ねて今の場所に移しましたが、気に入ったよう。

どんどん株が増えています。





ジギタリス。別名、フォックス・グローブ(きつねの手袋)。ナチュラルな感じが好きです。

前年秋に苗を植えて、4月に開花。

流通しているのはピンクがほとんどですが、こちらは白花↓。





白花と言ってもよく見るとクリーム色に、花びらの内側は薄いピンクですね。

背丈も花径も、これからもう少し大きくなるはずです。

こちらは、バックガーデンのデルフィニューム↓。





ラベンダーカラーが美しいですね。こちらも10月に苗を植えます。

ジギタリスより繊細で、冬の間に途中で株がなくなってしまうことも多々ありますが、

今年はなんとか成功したよう。雪の中、覆いをしてあげて良かった!

 

ええっと…、バラはまだ咲いてないかな?あ、有りました。





『アイスバーグ(氷山)』↑。朝陽の当たるこの株が毎年一番に咲きます。

クリーム色を帯びた白花。明るいグリーンのつやのある葉、しなやかな枝。

病気にも比較的強い育てやすい半つる性のバラです。

我が家にはこちらと、玄関のポーチの前に植えています。





毎年バラの一番花は、母にプレゼントすることに決めています。

はにかんだような笑顔が目に浮かぶようです。



Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。