2016.6.5

6月初めのエレアカガーデン 百合にアジサイ、デルフィニューム。

Category :

九州地方梅雨入りだそうですね。田畑には必要な雨、でも被災地の復興の遅れが心配です。

せめてこれ以上、土砂崩れなどの被害が出ないように願うばかりです。

 

小雨降る中、お庭の様子を撮影してみました。





いつもと違う角度から撮影してみました鉄砲百合。

アプローチでお客様をお迎え&お見送りしています。今一番輝いている花。

 

この百合、誰が植えたわけでもありません。

家を建て替えている間、元から植えてあった庭木を植木屋さんに預けたのですが、

木が帰ってきたとき、根に鉄砲百合の球根が絡まっていたのでしょうか。

いつ頃からか咲くようになりました。今では10本ぐらい群生しています。

夜見ると月明かりに浮かび上がって、本当に綺麗。





白のジギタリスも咲いています。今年初めににうっかり芽を踏んで、折ってしまった株。

(思わず”ギャ~!”と叫びました…。)5月に大輪は咲かなかったけれど、

6月の今、株もとから50㎝ほどの高さのものが3~4本咲いています。良かった。





青のデルフィニューム『ブルーインプ(青い小悪魔)』も

2月の大雪で一度はダメになったかのように見えましたが、無事復活!

彩度の高い青と中心部の白が、鮮烈な印象ですね。





もちろん、アジサイも咲いています。昨日お見せした大輪白の他にもブルー系の中輪。

10年ぐらい前、母が近くの公園から手折ってきたもの。

鑑賞後、挿し木をして置いたら、上手く根が出、

玄関を突っ切ったところの東の小庭に植えています。

 

持ってきたときはブルーだったのに、挿し木したものは毎年なぜかピンクで、

母はいつも残念がっていましたが、…あれ?今年はブルーも紫も咲いているね。

酸性の土壌だと青になり、アルカリ性だとピンクになるのだとか…。

日本は酸性土なのでアジサイは青のイメージ。ヨーロッパではピンクがほとんど。

私が洋風な植物を好むため、肥料などによってアルカリ土になってしまうのでしょう。

来年は、すべてブルーを目指すぞ!(毎年言っている気がする…。)





ライオン池のある小庭にはハンキングを下げました。

植物はごくシンプルに、ペチュニア、アイビー、デュランタ・ライムで。

この場所は日照時間が十分ではないので、お客様の時だけこちらに下げ、

他の場所で育てる必要があります。





カメラを持ってお庭を巡っていたら、猫ちゃんに会いました。

お隣の”ミミちゃん”。近所でも美人猫と評判。

でも運動能力はすごくて、ほぼ垂直な壁を4~5m上ります。ちよっとコワイ…。

 

6月初旬のエレアカガーデンでした。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。