2016.11.1

10月のエレアカ総集編 テーブルコーディネート、フラワー、お菓子、刺繍…

ジングルベル、ジングルベル、鈴が鳴る~♪

…えっ?一ヶ月早いって?だって寒いんだもん!秋をとばして冬ですか?という寒さ。(>_<)

ハーブティーを入れたマグカップで手を温めながら、ブログ書いています。

皆様もお風邪など召されませんように、温かくしてお過ごしくださいね。





さて11月に入りましたが、本日は10月の総集編をご覧いただこうと思います。

10月の最初のレッスンはテーブルコーディネート教室『食卓の美学セミナー』。





和食のマナーのレッスンをいたしました。

日本食の成り立ちや、本膳料理や精進料理、懐石料理などの特徴を解説。

料亭、日本食レストランでのマナーと和食の献立についてもお話しし、

テーブルに着いて箸の持ち方、器の持ち方などを実習していただきました。





箸と器を持つときは、必ず器が先!両手で持ちあげると丁寧な感じがして印象UP◎!

置くときは箸が先。器は両手でもって盆に戻します。

毎日の食卓で練習してくださいね。





次にはフラワーアレンジメントのお教室『おもてなしのテーブル花』のレッスンをいたしました。

お題は林檎とバラを使った秋のトピアリー

黄色の枝ものはメラレウカ。彩度の高い黄色が明るい印象を与えます。





一年以上通ってくださっているだけあって、皆様とてもお上手。

見本通りにするばかりでなく、自分好みのアレンジを加えて制作してくださいます。

お家に飾って楽しんでいらっしゃるとお聞きし、嬉しいです。





和食のマナーの実践レッスンとして、なだ万にてお食事会をいたしました。

お料理大変美味しく、器も楽しめました。

なにより食卓の美学セミナーをはじめ、生徒の皆様と食卓を囲んで楽しくお話出来て幸せでした。

11月は洋食のお食事会を開催します。皆様ご参加お待ちしております。





さてお次はフランス刺繍教室

こちらのクラスには、刺繍男子と恋する乙女とパン教室の先生がご参加くださいました。

8月9月とお休みしましたので、久々にお目にかかれて近況報告をうかがえて嬉しかったです。





課題は完璧に仕上げて、自由作品までお持ちくださった方と、制作中の方、その日より取り掛かる方…。

どうぞご自分のペースでなさってください。進行状況が違っても一緒に学べるのが刺繍教室の良いところ。

ゆっくりでもハイペースでも続ければ確実に上達します。





お菓子とお料理の教室Cooking & Sweets の10月はモンブランタルトがお題。

試作を重ねでギリギリ完成したレシピでしたが、大好評いただきました。





↑オレンジタルトに見えますが、モンブランタルトの制作途中です。

タルト生地、オレンジ生地、ホイップクリーム、モンブランクリームの4層。

モンブランにありがちな重さがなく、すっきり爽やかで軽い口当たり。





焼くのはタルト台だけで、あとは冷蔵庫で冷やし固めるので、作業時間が意外に少ないのも良いところ。

ご家庭で作ってくださったかな?

“初めはうまくいかなくても、三回目にはきっと上手に出来ますよ。”(治子談)

 

10月のエレガントライフアカデミーいかがでしたでしょうか。

総集編では一クラス分しか載せておりませんが、2つ3つしているクラスもございます。

日程はセキュリティー強化のため非公開ですので、

ご興味のある方はお手数ですがホームページお問い合わせフォームより、お尋ねくださいね。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。