2016.4.23

4月の最後の週…インテリアのお花をチェンジ!

Category :

なんと、本日2回目の更新です。一本目も欠かさずご覧くださいね!

 

さて明日は『フランス刺繍教室』です。

ライラックが、さすがに終わったので、インテリアのお花を生け替えました。





まず玄関の英国アンティーク家具の上。

お花器は、『おもてなしのインテリア花』で使用するガラスのフラワーベースを使用しました。

アレンジメント教室『おもてなしのテーブル花』でおなじみの花材、スノーボールと

ナルコ百合、アスパラガスの葉でオールグリーンの組み合わせに、

カラーで少しだけ白を加えています。





スノーボール、元気ですね。ナルコ百合もこんなに大きなもの、初めて見ました。

 

この場所は花選びが難しい場所…。背景の壁が、ピンクの薔薇のストライプなので、

グリーンを多くしないと、地味になってしまいます。

さて、お教室は…?





こちらも玄関と同じ花材で生けています

花器はガラス製ですが、ローマンガラス風に吹き付け加工をしてあります。

 

グリーン&ホワイトなので、さわやかですね。

えっ?5月っぽい?…確かに。でも5月目前ですから、良いでしょう。

グリーンはエレアカにとってのテーマカラーでもあるわけですし。

 

ティーテーブルのお花も変えてました。





一月につくりました、スープチューリンに寄せ植えした春苗たち。

もりもり育ってこんなに大きくなりました。

中心に入れていたヒヤシンスやムスカリなどの球根は終わったので、抜いてお庭に植えました。

来年また会えるはず…。

 

お出し物はお紅茶とストロベリー・シャルロットの予定です。

その前に、きっちり刺繍のレッスンをしないとですね。

 

生徒様、お目にかかれますこと、楽しみに致しております。

道中、お気を付けてお運びくださいね。

Category

Writer


エレガントライフアカデミー代表
原田 章子 Harada Shoko


福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。

90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。

2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。当Blogの執筆も手掛ける。