2016年2月27日

エリゼ宮を彩る、リモージュ焼きの名門アビランド社 『ユージニー』。

ついこの間2月に入ったと思ったら、もう終わり。二月は逃げるとはよく言ったものです。

ぎりぎりになりましたが、今月皆様に是非ご紹介したいのは、アビランド『ユージニー』

 

IMG_1766

 

アビラント社は1942年、ニューヨークの貿易商ダビッド・アビランドによって、

フランスのリモージュに設立されました。10数年でヨーロッパ屈指の規模に発展を遂げ、

リモージュ焼きの名門という地位を築きます。

 

そして、19世紀後半から20世紀初頭、ナポレオン3世下でパリが華やかな変貌を遂げた頃。

皇妃ユージニーが自身の愛する花、スミレのモチーフの食器を注文し、

アビランド社デザイナーが、当時一世を風靡していたアール・ヌーボー様式を取り入れ、

1901年に完成したのが、『ユージニー』です。

 

IMG_1860

 

ユージニーは生涯この食器を愛し、一世紀以上たった今なお、そのスミレは美しく咲き続け、

エリゼ宮で国賓のもてなしに使用されるテーブルウェアの中の、

唯一のリモージュ焼きとしても知られています。(他はすべて国営釜であるセーブル製。)

 

エレアカでは例年、テーブルコーディネート教室で二月の食器としてご披露。

詳しくはコチラ→『食卓の美学セミナー』

おもてなし教室ではクレープシュゼットを供するのに使っておりましたが、

今年はお料理教室で初めてお料理を盛り付けてみました。

詳しくはコチラ→『Cooking & Sweets』

清潔感のある白地に青みの強いスミレの柄…、お料理も良く映えますね。

 

さてこの『ユージニー』、映画にも登場しています。『バベットの晩餐会』

デンマーク映画です。