2017年2月2日

大人女子のお稽古ガイド⑩ アートとしてのテーブルコーディネートとは?『クリエイトクラス』

陽射しが戻った分、少し暖かく感じましたね。

トムはランドリールームでの日向ぼっこがお気に入りです。

 

さてエレアカ『大人女子のお稽古ガイド』本日はなんと⑩!

…こんなにあったんだ、我ながらびっくり…。

能力があればアロマテラピーとかハウスキーピングのお教室も作りたいのですけれどね。

改めまして、エントリー№⑩、『クリエイトクラス』を紹介いたします。

 

img_20160102_0001_new『クリエイトクラス』

テーブルコーディネートをアート(芸術)ととらえ、

鑑賞に堪えうる食卓を生徒、ご自身で作り上げていただくお教室です。

 

 

まず第1回目にセッティングシナリオの書き方説明と「イメージとスタイルについて」の講義。

2回目は生徒によるシナリオの発表「センターピースとフィギィア」についての講義。

3回目には、テーブルコーディネートの一人分のシミュレーション披露

「高さとテーブル側面の工夫」についての講義。

4回目には、生花以外のすべての道具(食器やクロス類)をお持ちいただき、

一卓分のテーブルコーディネートをしていただきます。

そして5回目は、発表会。

生花や背景、テーブル側面なども含め完全なテーブルコーディネートを制作していただき、

写真撮影。鑑賞していただきます。

 

hp%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b82月一回、一回2時間。『食卓の美学セミナー』修了者対象。全5回。

3名より開講。授業料、6万円。

(発表会のために有料の会場を借りる場合は、

会場費を生徒の数で割った金額をご負担いただきます。)

 

このお教室の良いところは、漠然としかわかっていなかったテーブルコーディネートというものが

しっかりと理解出来るので、受講後は、どのようなテーマでも

確実にインパクトのある素敵なコーディネートを制作していただけるようになるということ。

また、発表会にはご家族ご友人をお招きいただけるので、

これまであまり人に見せることのなかった才能や個性をお披露目する良いチャンスになります。

 

hp%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b9

 

テーブルコーディネートは絵画や音楽と同じく、自己表現の一つの形。

エレアカの『クリエイトクラス』で自分も気づいていなかった秘めたる才能を開花させてみませんか?

 

詳しくはコチラ→『クリエイトクラス』

 
いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!皆様のおかげで3位キープ!頑張ろうね♡

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

2016年1月2日

卒業生は”テーブルウェア・フィスティバル”常連!?『クリエイトクラス』とは

1月31日より、東京ドームでは恒例の『テーブルウェア・フィスティバル』が

開幕いたしますね。楽しみになさっていらっしゃる方も多いと存じます。

 

それに先駆け、本日はエレガントライフアカデミーの『クリエイトクラス』の紹介を

させていただきます。

『クリエイトクラス』テーブルコーディネート基礎コース『食卓の美学セミナー』

修了していただいた方が、さらなる技能の習得をもとめてご入会くださる応用クラスです。

 

内容はまず第一回目にクリエイトクラスの説明と

『魅せるテーブルコーディネートとは?』のレクチャー後、

テーブルコーディネート・シナリオのご説明をします。

 

IMG_20160102_0002_NEW

 

テーブルコーディネート・シナリオには、

想定するもてなしの目的と、お招きするお客様、日時(バレンタインデーの夜など)、

場所、使用する食器やリネンやお出しするメニューなどをそれぞれがご記入。

第2回目に発表していただき、講師がアドバイスさせていただきます。

 

IMG_20160102_0002_NEW3

 

3回目にお一人分の食器類とリネン類をお持ちいただき、

一人分のテーブルコーディネートをご披露いただきます。

講師はシナリオと矛盾がないか、テイストがそろっているかチェックし、

センターピースのご提案をうかがい、アドバイスさせていただきます。