2016年2月19日

原田 治子 Story ⑮ 『もてなしの心は言葉を超えて~ピヒト先生の想い出』

エレガントライフアカデミー創始者、食卓演出家・原田治子の一生の物語です。

バックナンバー①~⑭はコチラ→エレアカBLOG・原田治子Storyにてお読みいただけます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

帰国後、父は演奏活動を本格化させる一方で、留学先であったドイツ、

フライブルグ音楽大学での恩師、エデット・ピヒト=アンセンフェルト氏を招き、

福岡でリサイタルを開催することを思い付きます。

 

 

日程を調節し、会場を借り、滞在中のホテルを予約。そしてチケットをさばく。

父一人のマネージメントだけでも大変なのに、

母は父の師のプロデュースまで手掛けることになったのです。

 

しかも来日が近づき、詳細を詰めていく中で、母にとって誤算が発生します。

大変熱心な演奏家であるピヒト女史は、一日たりとも指を休めることを潔しとせず、

演奏会のための福岡滞在約一週間は、宿泊こそホテルですが、

朝食をホテルでとったのち朝8時ごろから、原田家にいらっしゃってピアノをお弾きになり、

夜10時過ぎにホテルに帰るという生活をなさるというのです。

 

留学時代の後半をピヒト家に下宿させてもらいながら、指導を受けた父は、

当然のように、『家でもてなしてね。ドイツではそうするよ。』と言い放ち、

母はなんとランチ、ティータイム、ディナーの一日三回のもてなしを、

一週間つづけることになったのです。

 

ご滞在期間中、1~2回のティータイムのおもてなしを…と考えていた母にとっては、

青天の霹靂!

しかも相手は世界一几帳面と名高いドイツ夫人であり、完璧主義なピアニストです。

逃げだしたい気持ちを抑え、思い替えることにしました。

 

『とんでもなく大変そうだけど、音楽家の妻としての晴れ舞台といえるかもしれない。

出来る限りのことをさせていただこう。』

 

まず今できるお料理の中から、先生のお口に合いそうなものをリストアップ。

フルコースでメニューを組み、それにふさわしい食器、テーブルクロス類を選び、

テーブルコーディネート。一日中ピアノをお弾きになる先生の気分転換になればと、

もてなしごとにテーブルクロスから替えるようにしたので、

足らないものは実家から借りたり、購入したりする必要がありました。

 

メンバーも、父一人ではドイツ語で間が持たない心配があったので、

父の音楽仲間や教会の神父様など、ドイツ語が出来る方をあたり、同席を依頼。

 

知り合い、友人、実家の父母など総動員でなんとか段取りをつけ、怒涛のように当日を迎え、

もてなしにつぐ、もてなしに寝る間もないほどの忙しさ…。さすがの母も

一日が終わり先生がホテルにお帰りになると、倒れ込みたいほど疲労感に襲われましたが、

明日もあさっても、一日三回のもてなしが待っているのです。

 

 

しかもそれだけ大変なことをしているのに、

食事の間、ドイツ語が出来ない母は、会話には入ることはできず、

さらにピアノの練習中やレッスン中に音楽室にいると、

父から「なに?早く出ていって。」と目で退却を促されるという始末…。

 

『まるでピアノやドイツ語ができないと、人間じゃないって態度ね!

いいわ!私は食卓の上で、リサイタル(独奏会)をするのだから!

 

そんな母の気持ちを知ってか、知らずか、ピヒト先生は帰国する前の晩、

父にこう告げたのです。

『ハルコは素晴らしい女性ね。一週間天国のようなもてなしを受けたわ。

今度来るときは日本語を勉強して、ハルコと歌うように話したいわ!』

 

それからピヒト先生は日本各地に呼ばれるようになり、

20年間にわたり、2年に一回のペースで来日。福岡でもたびたびリサイタルを開催。

そのたびに原田家でピアノをさらうのを日課になさいました。

 

最後の来日は1996年、最後まで日本語はお話しになりませんでしたが、

もう母とピヒト先生との間に、言葉など必要ありませんでした。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!10位以内キープ!お世話になっております。

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

2016年2月18日

原田 治子 Story ⑭ 『音楽人生、順風満帆 一転 八方ふさがり』

エレガントライフアカデミー創始者、食卓演出家・原田治子の一生の物語です。

バックナンバー①~⑬はコチラ→エレアカBLOG・原田治子Storyにてお読みいただけます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2年間のドイツ留学を終え、音楽学校の主任に復帰した父は、

教育者としての仕事の他、洋行帰りという肩書を活かし、桐朋音楽学園同級生との

トリオ演奏会や、ピアノ連弾演奏会など演奏家としての活動を本格的にスタート。

若手ピアニストの育成を目的とした『福岡ピアニストグループ』を立ち上げ、

福岡のみならず九州の音楽会をリードする存在になります。

 

 

父の留学からの帰国を、母は着物で出迎えた。次女と初対面の父。

 

ところが、それらすべての計画を一緒に練り、サポートというより

むしろ主導してきた母に、思いもよらないことが起こります。

父が高校時代からの恩師とたもとを分かち、音楽学校の主任の座を辞してしまったのです。

この件は、我が家では長らく禁句扱いになっており、幼かった私も詳細を知りませんでした。

この記事を書くにあたり、おそるおそる父に理由を尋ねたところ、

「とくに理由はない。結局、僕のわがままからだったと思う。」

・・・調子が良く行き過ぎて、高慢になってしまっていたのでした。

 

 

ヴァイオリン、チェロ、ピアノのトリオ演奏会。桐朋の同級生と。

 

これをきっかけに、それまで順風満帆だった父の音楽家としての人生に、急激に

暗雲が立ち込めていきます。生徒の離脱、トリオの解散、マスコミにもそっぽを向かれ、

“飛ぶ鳥を落とす勢い”から一転、”八方ふさがり”なってしまったのです…。

なんということでしょう…!幼い二人の娘を抱え、唯一の安定収入も途絶え、蓄えもなく、

留学費用を立替えてくれた実家には、もう援助を頼めません…。

ところが、こういう時にこそ、奮い立つのが、原田治子なのです。

 

『この人のわがままは結婚前からわかっていたこと、不満をいっても始まらないわ。

前進あるのみ。今だからできることをすればいいのよ!』

 

 

母の目標の一つオーケストラとの共演も、その後実現することとなる。

 

母は”音楽家の妻としての目標”その②、

『ピアノリサイタルをする』という目標を父に持たせます。

ピアノのリサイタルは2時間独演かつ暗譜なので、大変な練習が必要となりますが、

幸か不幸か、時間はたっぷりあります。

来る日も来る日も父は朝から晩までピアノをさらい、母は規則正しい生活でそれを支えつつ、

演奏会をする上で必要な、ピアノを弾く以外のすべてのことを一人でこなしました。

会場との交渉、チケット・チラシの印刷の打ち合わせ、関係者へのあいさつ、そして

チケットをプレイガイドや音楽教室、ピアノの先生宅に置いてもらうよう、頼んで回りました。

 

はじめはいろいろなうわさが出回って、相手にしてもらえないことも多く、

真夏の暑いさなか、冷房のない車で方々を回って、頭を下げ続けたといいます。

けれども、2回、3回と回を重ねるうちに『お預かりしましょうか?』というお申し出があり、

しだいに『原田吉雄 ピアノリサイタル』は福岡の音楽シーンの年中行事として、

認められるようになっていったのです。

 

 

『原田吉雄 ピアノリサイタル』は、原田治子のマネージメントによって、広く認知されるようになった。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!御礼10位以内キープ!

にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

にほんブログ村

初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)

1 / 812345...最後 »

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

エレガントライフアカデミーは、1987年食卓演出家 原田治子によって創立された、福岡市のお稽古教室です。講師の自宅サロンで大切なお客様としてもてなされながら、テーブルコーディネート、マナー、フラワーアレンジメント、英国式紅茶、フランス家庭料理、フランス刺繍など、おもてなしのすべてをお学びになれます。

原田章子・プロフィール

原田章子・プロフィール

福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。