2021年2月13日

「今が一番素敵よ!」

今日も愛する者たちとHAPPYな一日を送れたことに感謝し ます。

皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

 

本日2月12日は母の誕生日です。

ええっと…何才だろう?もう、歳を数える必要ないですね。

 

そう、母はいくつのときも素敵でした!

 

父のプロデュースに奮闘していた30代。

子供たちの教育に一生懸命だった40代。

食卓演出家として花開いた50代。

家庭とお教室運営を両立しながら、

健康管理に励んだ60代、70代。

 

50代のかっこいい母♡↑

 

いつもきれいで優しくて、明るくおしゃれ♡

真理に通じ、何事においても潔く、決してぶれない。

 

友達のように大好きで、尊敬もしていた母に

わたくしはたびたび言ったものです。

 

「今のママが一番素敵!

若くなる必要もないし、他にどうかなる必要もない。

今が一番素敵よ。」

 

70代の可愛らしい母♡↑

 

以前と同じように、天国の母にそう語りかけると、

嬉しそうに微笑む様子が目に浮かび、

わたくしも嬉しくなりました♡

 

 

宜しければメッセージをお寄せください。(読むのは私だけ…公開されません。)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 原田治子・エレガントライフアカデミー E-mail : info@elegantlifeacademy.com http://www.elegantlifeacademy.com/ ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年2月12日

ママ、お誕生日おめでとう♡

ママ、お誕生日おめでとう♡

先日、パパがそちらに行ったと思います。

ママに会えてとても喜んでいたでしょう?

 

パパはママがいなくなってからも、すごくすごく頑張ったのよ。

ピアノを愛すること、そして真の音楽家でいることを、

一日も休むことはありませんでした。

 

お忙しい方はお先にクリック↓ いつも有難う♡


にほんブログ村

 

 

パパの魂には、生まれる前から音楽が刻まれていたのだと思います。

だから戦争も病気も、死別の悲しみも

最後までパパから音楽を奪うことは出来ませんでした。

それはきっとママが、

結婚を決めた時に見込んだとおりだったのだと思います。

 

でももうひとつ、これは予想外かもしれないけれど

パパが生涯貫いたものがあるのよ。

それはママへの愛です。

ママの話になるたびに

「ああ、あの人と結婚して良かった〜!」

と言うパパの満面の笑顔を、ママの死後、何度見たことか!

 

花一輪贈ってもらったことがないと、

ママはよくぼやいていたけれど、

パパのこの言葉と笑顔は、他のどんなものよりも、

ママにとって価値のある勲章なのではないでしょうか?

 

パパは音楽へ情熱とママへの愛を生涯貫いて、

素晴らしい人生だったと思います。

ママもそんなパパに最後まで尽くして、幸せな人生だったと思います。

章子もそんなふたりの人生を誰よりも間近に見られて、

本当に幸せでした。

 

 

人よりすこし…いいえ、だいぶん遅くなりましたが、

これから章子の人生が始まります。

でも大丈夫!

誰よりも頑張り屋さんだったママとパパの娘だからね。

頑張っていけると思うのよ。

大好きな生徒様方やBLOG読者様、

応援してくださる方がたくさんいるしね。

 

 

 

これからも章子のこと、

パパと、ほかのたくさんのご先祖さまたちと一緒に、

ず〜っと愛して、見守っていてくださいね。

 

 

ブログ村からお越しの皆様、お帰りはコチラ↓いつも有難う♡


にほんブログ村

 

インスタグラムもやってます。エレアカの素敵なシーンを一気見して♡

 

宜しければメッセージをお寄せください。(読むのは私だけ…公開されません。)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
E-mail : info@elegantlifeacademy.com
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年9月6日

天国での作戦会議!『原田治子Story・番外編』

「ねえ、はるこちゃん。」

「なあに?しょうこちゃん。」

 

「わたしたち、すごく気が合うわよね!

もしよかったら、来世も一緒に暮らさない?

はるこちゃんがおかあさんで、わたしがこどもなの。」

「いいわね!」

 

お忙しい方はお先にクリック↓ いつも有難う♡


にほんブログ村

 

 

「安全な日本という国にすんで、

一緒にフランスやイギリスに旅行するのはどう?」

「と〜っても良いわ!大賛成よ。」

 

「来世ではるこちゃんは何をするの?」

「まずは才能はあるけどナイーブな音楽家の力になれると思うわ。」

 

「その人が私のお父さんになるのね?それから?」

「そうね…ほら、わたし食べることと飾ることが好きでしょう?

だから”食卓演出家”って仕事はどう!?」

 

 

「まあ!素敵だわ、ぴったりね!

だったら、わたしはるこちゃんを手伝うわ!」

「本当?しょうこちゃんが手伝ってくれたら、心強いわ!

 

じゃあ、先に行くわね!しょうこちゃんが来るの、待ってるわね!」

「うん、またあとでね!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親子は綿密な打ち合わせのもと

お互いに納得して、生まれてくるのだとか。

母とどんな話をしたのかな?と思うと楽しくなってしまいました!

 

 

皆様もお母様やお子様と、生まれる前にどのような会話をしたのか

想像してみてくださいね。

きっと今まで以上に、愛しく感じられますよ!

 

 

ブログ村からお越しの皆様、お帰りはコチラ↓いつも有難う♡


にほんブログ村

 

エレアカ@ライン会員募集中

友だち追加

 

インスタグラムもやってます。エレアカの素敵なシーンを一気見して♡

 

宜しければメッセージをお寄せください。(読むのは私だけ…公開されません。)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
E-mail : info@elegantlifeacademy.com
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年8月17日

わたくしの、そしてあなたの人生の中に…。『原田治子Story 番外編』

アブラゼミに交じって、ツクツクボウシの声が

聞こえるようになりました。

秋の足音が、ゆっくりと近づいてきています。

 

お忙しい方はお先にクリック↓ いつも有難う♡


にほんブログ村

 

 

さて皆様、原田治子Story はお読みいただけましたか?

「ピヒト先生の想い出」を書きましたのが2016年2月のこと。

3年を経て、ようやく母に大賞を受賞させてあげられ、

ホッとしています。(笑)

 

おかげさまでたくさんの「感動した!」のお声を頂戴しておりますが、

中には「大したことないことを大げさに書いているだけじゃない。」

と感じた方もいらっしゃることと存じます。

確かに、そうなのです!(笑)

 

若い頃の夢、闘病、思い通りにいかない結婚生活…

ひとつひとつエピソードはありふれた出来事ばかり。

でも、どんな時も決して弱音を吐くことも、逃げることもなく、

マイナスをプラスに変えていく母の生き方…。

それは、私たちにとっても、これからの時代を生きていく

勇気になるではないかしら?

 

 

77億もの人が同時に学びをおこなっているのが

地球という学校

そしてその目的が魂の成長であるがゆえに、

いろいろなことがあるのが人生です。

決して良いことばかりではありません。

 

でも、私たちがひとつひとつの出来ごとに、明るく真摯に向き合い、

その時出来ることに、精いっぱい力を尽くすとき、

そこに原田治子は存在するのです。

 

 

ブログ村からお越しの皆様、お帰りはコチラ↓いつも有難う♡


にほんブログ村

 

エレアカ@ライン会員募集中

友だち追加

 

インスタグラムもやってます。エレアカの素敵なシーンを一気見して♡

 

宜しければメッセージをお寄せください。(読むのは私だけ…公開されません。)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
E-mail : info@elegantlifeacademy.com
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年8月12日

ご帰省する、またはご帰省を迎える皆様へ。

盆休みですね!

ご帰省なさったり、ご帰省なさるご家族をお迎えしたり、

楽しくもお忙しくお過ごしのことと存じます♡(゚∀゚)♡

 

お忙しい方はお先にクリック↓ いつも有難う♡


にほんブログ村

 

わたくしは現在どちらの立場にもないのですが、

この時期になりますと、母が大学生の姉や私の帰省を

大切に迎えてくれていたことを思い出します。

子供部屋のベッドリネンを変え、窓を磨き、小さな花瓶に花を生けて…。

 

 

子供たちの大学入学と共に、お教室(エレガントライフアカデミー)を始め、

それまで通りピアニスト原田吉雄の妻として、父のサポートをしながら、

自宅でのお教室のほかに、福岡市内、長崎、熊本、佐賀のホテルでの

月一度のレッスン、さらにテレビ出演やイベントなどもこなしながら、

寝る間もないほどでしたでしょうに。

 

8月一ヶ月間と12月後半から1月前半は、お仕事を一切しないと決め、

自分の喜びとして、私たちを迎えてくれました。

食卓演出家原田治子ではなく、普通の母親として。

 

当時は当たり前のように思っていました。

いつもお家がキレイで清潔なこと、

好物を用意して待っていてくれること、

心からの笑顔で迎えてもらうこと…。

 

 

もし皆様が迎えられる立場でいらしゃるなら、

それはとてもかけがえのないこと、ということをわかってね。

 

反対に迎える立場だとしたら…そうね、

あんまり喜んでもらえていない気がしても、

いつか心からの感謝を

死んだ後までずっと受けることになるから…。

 

 

 

ブログ村からお越しの皆様、お帰りはコチラ↓いつも有難う♡


にほんブログ村

 

宜しければメッセージをお寄せください。(読むのは私だけ…公開されません。)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
E-mail : info@elegantlifeacademy.com
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年10月10日

母のクローゼット ~原田治子Story ~

連休最終日いかがお過ごしでしたか?

お天気も良く、暑くも寒くもない最高の行楽日和でしたので、楽しくお出かけになったのではないでしょうか?

 

わたくしはと言いますと、昨日、10月のCooking & Sweets のための試作としてお菓子作りをして、

せっかく傷の癒えかけた右手をまた痛めてしまいました。がっかり…。(>_<)

作っている最中は夢中なので気づかないのですが、夜に手が痛み出して朝になってもしびれているという。

お菓子作りって思いのほか手を酷使するのですね。日々のお料理では大丈夫だったのに…。

でも最高に美味しいモンブラン・タルトが出来ました。近々ご披露いたしますね。

 

img_0507

 

さて本日は母、原田治子の話をしようと存じます。

丁度今日のような秋風の気持ちの良いころになると、お家中に靴音が響いたものです。

母の○○年秋冬コレクションのファッションショーの開幕です。

夏の間ににファッション雑誌を読みこみ、”その年の気分”(=流行)を抽出、

すでに持っているものに、新しい1~2点のアイテムを加えて、その年らしいファションをつくるのです。

母の秋の定番ファションは白のブラウスに紺やグレー、キャメルのスカート+ベルト、真珠のネックレス。

共布のジャケットやカーディガンをあわせて、コートを羽織ります。

それに靴やバッグ、スカーフ、ショール、手袋、ファー、ネックレスなどのアクセサリーを加えていきます。

ほとんど以前から持っているもので、新しく購入したものはほんの1~2点なのに、

組み合わせや、着こなしで旬な感じになるのですから、不思議です。

わたしくは幼い時から母のファッションショーの一番の観客。

『今度はあれ着て、これつけて。』とよくリクエストしたものです。

 

お教室をするようになって、母のクローゼットには少しずつハイブランドの品が仲間入りしましたが、

それ以前は全くブランド品は持っていませんでした。

当然娘の私も知識がなく、大学入学で上京し、皆の会話で初めて知ったありさま…。

『ビトンって何?』と言って驚かれたものでした。(“ルイ・ヴィトン”ことですよね。)

 

img_0556

 

わたくしが小学校の低学年のこと。

母と並んで食器を洗っている時、母の手首に光る細い金のブレスレットを見て、何気なく尋ねました。

「ママ、それ本物?」

小さなお星さまのチャームがついたそれを、いつかほしいなと思っていたのです。母はこう答えました。

「ママがしていたら、本物になるのよ!」

夫をドイツ留学させ、子供たち二人を私立の学校に通わせながら、自分のものは

髪の毛を数本集めたぐらいに細い金のブレスレット、それすらもイミテーションだったのです。

でも幼い私はそんなことに頭が回らず、ただそのまま、

「そうか、ママがしてたら、本物になるんだ!すごいな~。」

と本気で思っただけでした。

 

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e6%97%85%e8%a1%8c2013-002

 

いつも夫と子供優先で、自分のことは後回し…。

でも持ち前のセンスの良さや工夫で、誰にも決して自分をみじめに感じさせない母。

それは決して見栄や虚構ではなく、原田治子としての本物の生き方だったのではないでしょうか?

そんな母への神様からのご褒美だったのでしょう。

天国へは一番乗りに行って、

今は大好きなお洒落やお食事、旅行を存分に楽しんでいることでしょう。

 

いいね!の代わりにコチラ↓をクリック!皆様のおかげで上位キープ!頑張ろうね♡
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村初めての方へ・・・コチラ↑クリックして頂くと、このブログの順位が上がります。
お客様はいったんブログランキングサイトへ飛びますが戻ってきてくださってもいいですし、
他のブロガー様の素敵なブログをご覧になることもお出来になります♪ ご協力よろしくお願いいたします。
(ひとつのブラウザからは一日一回しかカウントされません。PC一回、スマホ1回はOK!)◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー
http://www.elegantlifeacademy.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

エレガントライフアカデミーは、1987年食卓演出家 原田治子によって創立された、福岡市のお稽古教室です。講師の自宅サロンで大切なお客様としてもてなされながら、テーブルコーディネート、マナー、フラワーアレンジメント、英国式紅茶、フランス家庭料理、フランス刺繍など、おもてなしのすべてをお学びになれます。

原田章子・プロフィール

原田章子・プロフィール

福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。