2021年6月13日

ナフキンのたたみ方 動画アップ♡『テーブルコーディネート』

今日も愛するものたちと幸せな一日を送れたことに感謝します。

皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

 

リクエストの多いナフキンのたたみ方を

YouTubeにアップしたしました。

 

今回はエレガントファンとコックスコーム

ふたつのたたみ方をご紹介しています。

 

食卓の美学セミナー』の宿題でもありますので、

練習にお役立てくださいね!

 

 

↑画像クリックでYouTubeにGO!

 

 

宜しければメッセージをお寄せください。(読むのは私だけ…公開されません。)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー

E-mail : info@elegantlifeacademy.com

http://www.elegantlifeacademy.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021年6月9日

6月のテーブルコーディネート プリントのクロスを用いるコツ。

今日も愛するものたちと幸せな一日を送れたことに感謝します。

皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

 

風の気持ちの良い一日でした。

猫たちも窓辺で過ごすことがお気に入りのようです。

 

本日は6月のテーブルコーディネートをお目にかけますね。

 

 

6月の友人たちとのランチタイムを想定しています。

 

湿気の多い気候だからこそ、美しく感じるテーブルを…ということで

水辺に集う動植物の柄のテーブルクロスを用い、

みずみずしいイメージに。

 

 

ガラスのチャージャーの上にF&Fのミントのディナー皿

ナフキンはトルコ石色です。

プリントのテーブルクロスの場合、そこからの一色を

プレートやナフキンの色にすると良いでしょう。

 

 

プレートがゴールドつかいなので、今回カトラリーもゴールド。

クロス ➤ プレート ➤ カトラリー とリンクをつなげていく

調和のとれた気持ちのよいテーブルコーディネートになります。

 

 

宜しければメッセージをお寄せください。(読むのは私だけ…公開されません。)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー

E-mail : info@elegantlifeacademy.com

http://www.elegantlifeacademy.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021年5月23日

食卓のカラーコーディネート『テーブルコーディネート教室』

今日も愛するものたちと幸せな一日を送れたことに感謝します。

皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

 

5月の食卓の美学セミナーのテーマは「色彩学」

配色の調和のとりかたについて学んでいただきました。

 

 

テーブルコーディネートに使う色は3色以下がお勧め。

一番面積が多い色はファーストカラーといい、70%以上。

次に面積が多い色はセカンドは25%ぐらい。

一番少ない色はサードカラーは5%ぐらいで構成すると良いでしょう。

 

 

レッスンではファーストカラーはそのまま、

セカンドとサードを変えて雰囲気を変化させる例をお目にかけました。

 

黒い折敷をゴールドの楕円マットに、ナフキンをマゼンダに変えて

華やかで女性らしいイメージに。

 

 

テーブルマットを白のシェルにナフキンをブルーに変えて

すっきりと落ち着いた雰囲気に。

 

 

ブラックのガラスのテーブルマットとグレーのナフキン

モダンでクール、男性的なイメージに。

 

同じ食器、同じテーブルクロスでも、マットとナフキンを変えるだけで

いろいろなイメージになりますね。

ゲストの性別や年齢、お好みに合わせて変えても楽しいですね。

 

皆様も色彩学を学んで

食卓のカラーコーディネートを楽しんでくださいね。

 

 

宜しければメッセージをお寄せください。(読むのは私だけ…公開されません。)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー

E-mail : info@elegantlifeacademy.com

http://www.elegantlifeacademy.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021年5月21日

スズランを愛でるテーブル。『テーブルコーディネート』

今日も愛するものたちと幸せな一日を送れたことに感謝します。

皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

 

鳥の声、花の香り、風の感触…。

庭で過ごす時間はなんて豊かなのでしょう。

毎日少しずつ成長する植物たちは

わたくしにとって可愛い子供たちです。

 

 

5月のティーテーブルはグリーン&ホワイトで。

グリーンといっても新芽を思わせる黄緑がこの季節にあいますね。

キャンドルスタンドやグラスなどグリーンのガラスは

空気の透明感と木漏れ日の輝きを感じさせます。

 

 

センターピースは5月の花、スズランをテーマにしたアレンジメント。

スズランの可愛らしさを愛でたくて、

真ん中に空間のあるドーナツ状に生けています。

 

お花はスズラン、トルコ桔梗、アルケミラモリス

あとはグリーンで、ドクダミ、アジアンタム、ラミウム、

ユキノシタ、ノウゼンカズラ

 

様々な形、感触、色の葉も自然の豊かさを感じさせてくれます。

 

 

宜しければメッセージをお寄せください。(読むのは私だけ…公開されません。)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー

E-mail : info@elegantlifeacademy.com

http://www.elegantlifeacademy.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021年5月14日

直線と空間で日本人の精神性を表す。『テーブルコーディネート』

今日も愛するものたちと幸せな一日を送れたことに感謝します。

皆様も素敵な一日をお過ごしになったことと思います。

 

本日は『食卓の美学セミナー』の教材として作りました

5月のテーブルコーディネートをご覧いただきますね。

 

 

端午の節句をイメージした昼食会の食卓です。

群青色のテーブルクロスはフランス製ですが、

このテーマにふしぎにピッタリ!

 

黒い長角盆はりんと引き締まった感じ

黄緑色のナフキンは若々しさを演出します。

 

 

黄緑色に金彩が豪華な蓋物は、お祝いらしさ

兜型の珍味入れは催しのテーマを表しています。

 

リネン類だけでなく、食器やグラスなど

すべての色を二色に絞ることで

見る人に強い印象を与えることができます。

 

和の食卓を作るとき、いつも気を付けることは

直線と空間の美しさを出すということ。

それこそが日本人の精神性を表すと思うからです。

 

 

宜しければメッセージをお寄せください。(読むのは私だけ…公開されません。)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー

E-mail : info@elegantlifeacademy.com

http://www.elegantlifeacademy.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021年5月12日

バルザックの『谷間の百合』は百合かスズランか?

今日も愛するものたちと充実した一日を送れたことに感謝します。

皆様も素敵な一日をお過ごしになっことと思います。

 

5月のティーテーブルはスズランをテーマにしつらえています。

スズランはフランス語ではMuget(ミュゲ)といい、

幸せを呼ぶ花、大切な人に贈る花として愛されています。

 

 

英語では Lily of the valley(リリー・オブ・ザ・バレー)

直訳すると「谷間の百合」。

 

『谷間の百合』というとフランスの小説が思い起こされますが

前述のとおりフランスではスズランをMugetというわけですから

著者バルザックがイメージしたのはスズランだったのでしょうか?

それとも百合だったのでしょうか?

 

 

薄幸の貴婦人アンリエットと青年貴族フェリックス

プラトニックラブとその後の悲劇…。

 

舞台はロワール川支流の谷間の館とされ、

そこからほど近いトゥールという街に一年間滞在していた時

折に触れてこの物語を思い出したものでした。

 

 

宜しければメッセージをお寄せください。(読むのは私だけ…公開されません。)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
原田治子・エレガントライフアカデミー

E-mail : info@elegantlifeacademy.com

http://www.elegantlifeacademy.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

原田治子・エレガントライフアカデミーとは?

エレガントライフアカデミーは、1987年食卓演出家 原田治子によって創立された、福岡市のお稽古教室です。講師の自宅サロンで大切なお客様としてもてなされながら、テーブルコーディネート、マナー、フラワーアレンジメント、英国式紅茶、フランス家庭料理、フランス刺繍など、おもてなしのすべてをお学びになれます。

原田章子・プロフィール

原田章子・プロフィール

福岡市に生まれる。福岡雙葉小学校、中学校、高等学校卒業。白百合女子大学文学部、国文学科卒業。90年代よりテーブルアートを志し、フランス留学。料理学校『コルドン・ブルー』、『リッツ・エスコフィエ』で料理と製菓を学ぶ。公爵夫人マリー・ブランシュ・ドゥ・ブロイユに師事し、フランス食文化史を学ぶ。パリの生花店『コム・オ・ジャルダン』で修業。その後も定期的に渡仏し、同店で研修を受ける。2015年、母、原田治子逝去に際し、エレガントライフアカデミーの代表に就任。