2016年6月30日

一周忌ミサ、そして『治子先生、”天国にゴール記念日”おめでとう!』

 

本日は高宮カトリック教会で母、原田治子の一周忌ミサをあげていただきました。

平日の小御堂でのミサを、母のために捧げていただくつもりでしたのに、

思いがけず大御堂での正式な葬儀のミサの式次第にのっとってのごミサ、

しかも神父様お二人によるお式となりました。

 

原田治子について詳しくはコチラ→原田治子Story

 

IMG_3907

 

聖職者不足の昨今、神父様お二人でのごミサはご復活祭など特別な場合に限られます。

しかも今回、エレガントライフアカデミーの生徒様などカトリック信者ではない方のため、

ご焼香のご用意までしていただきました。

カトリック教会で香を炊きますのは、これもまた特別な祝日のみのこと。

…大変ありがたいことでした。

 

IMG_3913

お説教では、神父様がご自分のお母さまをお亡くしになった時のことをお話しくださいました。

 

神父になるための修練期間中で修道院で暮らしていたため、

お母様の最期の瞬間にに立ち会うことが出来なかったとのこと…。

40年前とおっしゃいますので、20歳代でしょう。

幼い頃お父様を亡くされて以来、お母様とご親戚の家でお育ちになって、

『ああ、”家”がなくなった。』とお感じになったそうです。

寄る辺のない浮き草になったかのような、頼りない気持ち…でしょう。

するとどこからともなくお声が聞こえてきて、

『馬鹿だね、お前のいるところにいつも私はいるんだから。

どこであろうとお前のいるところが”家”なんだよ。』…。

天国のお母様の息子へのメッセージであるとともに、

神父になろうとしている青年への、神様からのメッセージだったのかもれません。