2016年10月31日

久々のお出かけ。ナンタケット・バスケット展♡♡♡

秋雨のしめやかに降る一日。今日は珍しくお出かけしました。

岩田屋新館6階で開催中の『ナンタケット・バスケット展』

 

ナンタケット・バスケットとは、かつて捕鯨の島として知られたアメリカ東海岸、

マサチューセッツ州に属するナンタケット島という島で作られるバスケットのこと。

捕鯨船に乗っていた樽職人が手なぐさめに始めたバスケットづくりが、島の伝統工芸として発展したそうです。

20年ほど前に八代江津子さんが現地の職人の方に弟子入りして、技術を習得なさり、

日本に広めてくださいました。

 

img_5342

 

わたくしは10年ほど前に雑誌で拝見して以来、すっかりとりこに♡

母とお揃いでレプリカを持っています。レプリカでもン万円。

本当にナンタケット島で作られたものはン百万のものもあるだそう!( ゚Д゚)

今回展示してあるもののほとんどは現地制作のものです。

とってもとっても素敵ですが、買えないよね~(>_<)。

…というわけでせめて鑑賞させていただきましょう。

 

img_5346

 

この網目の細かさ、そして綺麗なことご覧ください。ああ、うっとり…。

ナンタケット・バスケットは”籠のケリー・バック”言われることがあるそう。

冠婚葬祭や夜のパーティーでは皮のバックは持てませんよね。

でもエルメスのケリー・バックはその上品さ、格調の高さが認められ特別にOKなのですが、

ナンタケット・バスケットも同様に認められているのです。

アメリカでもっとも格式高い場面、大統領就任式にさえ持つことを許されているのです。

 

↓こちらは憧れの蓋つきです。

 

img_5353

 

とても丈夫で使いやすいので、現地ではお母様の…おばあさまの…を大切に受け継いで

パン籠や、買い物かご、ワインバスケットなどとして日常に使われているそう。